M・シャーザーがナショナルズと7年契約で合意したと報道され、年俸総額は200億近くになるかと言われています。


 シャーザーの加入によって、昨年MLB全30球団でトップの先発防御率3.04を誇ったローテーションが、さらに強化されました。昨年のローテーション投手は全員2桁勝利を達成しています。

 
 そこで今回は、ナショナルズの先発投手陣をご紹介いたします。

16








予想ローテーション
番手は管理人の独断です。


【1番手】

マックス・シャーザー(30)

2014年 33試合 18勝5敗 防御率3.15 220.1投球回 252奪三振

マックスシャーザー



【二番手】
スティーブン・ストラスバーグ(26) 

2014年 34試合 14勝11敗 防御率3.14 215.0投球回 242奪三振

スティーブンストラスバーグ


【3番手】
タグ・フィスター(30) 

2014年 25試合 16勝6敗 防御率2.41 164.0投球回 98奪三振

ダグフィスター



【4番手】
タナー・ロアーク(28) 

2014年 31試合 15勝10敗 防御率2.85 198.2投球回 138奪三振

タナーロアーク



【5番手】
ジオ・ゴンザレス(29)

2014年 27試合 10勝10敗 防御率3.57 158.2投球回 162奪三振

ジオゴンザレス



【トレード濃厚】
ジョーダン・ジマーマン(28) 

2014年 32試合 14勝5敗 防御率2.66 199.2投球回 182奪三振

ジョーダンジマーマン




 現在、ナショナルズはジマーマンとの交渉があまりうまくいっていないと報じられています。ネームバリューとしては、ストラスバーグの方が上ですが、トレードに出されるの可能性はかなり高いでしょう。

 ちなみにジマーマンは、14年の最終登板でノーヒットノーランという珍しい記録を達成しています。

関連記事

MLB今シーズン最終戦で劇的なノーヒットノーラン!!


 また、今回3番手に入れた、タグ・フィスター選手も15年オフにFAになるため、トレードの可能性もあるようです。


 これで注目FA選手で残るのは、元ロイヤルズのジェイムズ・シールズ。ヤンキースや、レッドソックスの名前が挙がっています。
 今シーズンは大型選手は、ナ・リーグに移籍する流れが強いので、シールズもナ・リーグかもしれませんね。



↓回答募集中
MLB現役最強のサードは誰?タレント揃いの激戦を制するのは?


イチロー、マーリンズ移籍か 「51」復活は決定的!!2年契約も!?


M・シャーザー、ナショナルズと7年契約で合意!!総年俸は200億近くに!?


元中日・大豊さんが死去 51歳


海外の反応「イチロー、マーリンズ移籍決定的」


大田泰示さん、真実に気づく


田中将大、パワプロのキャラになる


イチロー移籍のマーリンズの外野スタメン3人が鉄壁すぎるwwwwww


巨人1軍出場なし20歳野手 1軍キャンプ抜てきも


【悲報】阪神・一二三慎太、気合の入れ方を間違える


稲葉篤紀って育成失敗した感あるよな


野球でカッコイイと思う背番号は何番や!


青木宣親のジャイアンツ入団の真相は?なぜ、こんなに安いの?



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote