今回はフィリーズ、ナショナルズ、カブス、レッズの移籍情報をご紹介いたします。

シャーザー ナショナルズ









【フィリーズ】


アーロン・ハラング(36) 先発投手 元ブレーブス

33試合 12勝12敗 防御率3.57 204.1投球回 161だつさんしん

アーロンハラング



その他移籍選手

セザー・ヒメネス(30) 中継ぎ投手 元フィリーズ



主な退団選手

ジミー・ロリンズ(36) 遊撃手 ドジャースへ
打率.243 17本塁打 55打点 OPS.717

AJ・バーネット
(38) 先発投手 パイレーツへ
34試合 8勝18敗 防御率4.59

マーロン・バード
(37) 左翼手 レッズへ
打率.264 25本塁打 85打点 OPS.757


 今季大きな補強はありませんでした。マイナーのプロスペクトも枯渇しており、とうとう再建モードに突入しました。
 ロリンズ、バーネット、バードを放出。若手選手が少しずつ結果を出していることだけが希望か。



【ナショナルズ】

ユネル・エスコバー(32) 二塁手 元レイズ

137試合 打率.258 7本塁打 39打点 出塁率.324 長打率.340

ユネルエスコバー



マックス・シャーザー
(30) 先発投手 元タイガース

33試合 18勝5敗 防御率3.15 220.1投球回 252奪三振

マックスシャーザー



主な退団選手

アダム・ラローシュ(35) 指名打者 ホワイトソックスへ
打率.259 26本塁打 92打点 OPS.817

アズドゥルバル・カブレラ(29) 遊撃手 レイズへ
打率.241 14本塁打 61打点 OPS.694

ラファエル・ソリアーノ(35) 中継ぎ投手 未定
64試合 4勝1敗32セーブ 防御率3.19


 投打ともに圧倒的戦力を誇っています。特に先発陣は昨季2桁勝利を挙げた選手が6人おり、間違いなくMLB最強ローテでしょう。
 今後2年でFAになる選手が多く、プロスペクトはまずまず。戦力の維持が課題なりそうです。




【カブス】

ミゲル・モンテロ(31) 捕手 元ダイヤモンドバックス

136試合 打率.243 13本塁打 72打点 出塁率.329 長打率.370

ミゲルモンテロ



ジョン・レスター(31) 先発投手 元アスレチックス

32試合 16勝11敗 防御率2.46 219.2投球回 220奪三振

ジョンレスター



ジェイソン・ハメル(32) 先発投手 元アスレチックス

30試合 10勝11敗 防御率3.47 176.1投球回 158奪三振

ジェイソンハメル



ジェイソン・モット(32) セットアッパー 元カージナルス

29試合 1勝0敗 防御率4.68 25.0投球回 17奪三振

ジェイソンモット



その他移籍選手

デビッド・ロス(38) 捕手 元レッドソックス
トミー・ラステラ(26) 二塁手 元ブレーブス
クリス・デノーフィア(34) 中堅手 元マリナーズ



主な退団選手

フェズリー・ライト(30) 中継ぎ投手 オリオールズへ
58試合 0勝3敗 防御率3.17

カルロス・ビラヌエバ(31) 中継ぎ投手 未定 
42試合 5勝7敗2セーブ 防御率4.64

藤川球児(34) 中継ぎ投手 レンジャーズへ
15試合 0勝0敗 防御率4.85


 今季から一気に勝負をかけていました。シャーザー、ハメルズ、モンテロなど守備の要を獲得。
 現時点でワールドチャンピオンになるほどの戦力ではありませんが、プロスペクトもMLBトップクラスで、1908年以来の優勝も現実味を帯びてきました。


【レッズ】

マーロン・バード(37) 左翼手 元フィリーズ

154試合 打率.264 25本塁打 85打点 出塁率.312 長打率.445

マーロンバード



アンソニー・デスクラファニ(24) 先発投手 元マーリンズ

13試合 2勝2敗 防御率6.27 33.0投球回 26奪三振

アンソニーデスクラファニ



その他移籍選手 

エウヘニオ・スアレス(23) 遊撃手 元タイガース



主な退団選手

マット・レイトス(27) 先発投手 マーリンズへ
16試合 5勝5敗 防御率3.25

アルフレッド・サイモン(33) 先発投手 タイガースへ
32試合 15勝10敗 防御率3.44

ライアン・ラドウィック(36) 外野手 レンジャーズへ
打率.244 9本塁打 45打点 OPS.683


 数年前までは強力な戦力を誇っていましたが、ここ2年は低迷。今シーズンもあまりいい補強はできませんでした。
 ボットーの不良債権化も不安視されており、シーズン中にクエトやチャップマンの放出もありそうです。






松井秀喜 「長距離打者もスイッチでもいいよね」



全盛期阿部がメジャーで残せそうな成績


張本「15勝&25本を3年続ければ二刀流に文句ない」


MLB技巧派の究極形はマダックスだが



盗塁の価値低すぎwwwwwwwwwwww


田中将大は「くっついていればサイ・ヤング、切れたらチーム“終焉”」



糸井嘉男のコース別打率がエグい


黒田「10敗しても10勝できるピッチャーは必要」



金田「今の選手の方がすごい」


ゴメス(´・ω・`)アレックス(´・ω・`)タイロン・ウッズ(´・ω・`)ブランコ(´・ω・`)


大田泰示(24) 5試合 .454 1本 8点wwwwwwwwwwwwww


阪神・北條「(長打は)もういいんです、この体で打てるかぁ!」


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote