http://www.reddit.com/r/baseball/comments/2f1hbq/in_2014_japaneseborn_mlb_pitchers_have_combined/

 

 2014年、MLBでプレーした日本人投手は合計で5936敗、防御率3.09834投球回で802奪三振だった。


 合計rWAR16.4で、ダルビッシュ有、藤川球児、岩隈久志、黒田博樹、松坂大輔、田中将大、田沢純一、上原浩治、和田毅のうち、WARがマイナスだったのは松坂(-2)だけだった。合計27個のセーブもあげ、すべて上原によるものだった。

mlb_g_tanaka-matsuzaka-darvish_576x324









 

まあ日本のトップレベルの選手だけが来てるからね。いい選手じゃなきゃそもそもメジャーで契約できないでしょ。

 

↑ でもダメな選手もたくさんいたよな。お前のことだよ、Kaz松井。

 


↑ ニシオカも忘れずに。


 

↑ 日本では活躍してたのにね。こっちで高校/大学のトップレベルの選手がドラフトされても、MLBで活躍するとは限りないのと同じだね。


 

つまり、ケイ・イガワがアメリカにくるのが数年早すぎたってことか?


 

↑(ヤンキースファン)・・・。


 

和田が実力を証明しつつあるのが嬉しい。


 

柳賢振(韓国)とチェン・ウェイン(台湾)も入れれば、2610331奪三振が加わるな。


 

↑ オリオールズはエース級ではないアジア人投手を獲得して、いい仕事させるよね。和田があのままオリオールズにいたらどうなってただろう。

 


いいたいことはわかるけど、このデータは日本人投手が今年は特に良かったっていうことを示しているだけだよね。2010年を見ると、ヤンキースは井川慶に、ブレーブスは川上憲伸に、マイナーでプレーさせるためだけに合計1130万ドル支払った。



松坂はERA+(球場補正の含めた投手の偏差値のようなもので、100が基準)93でも、レッドソックスから830万ドルもらっていた。すべての日本人投手が成功したわけじゃないし、リスクがあることは頭にいれておこう。


 

日本人のピッチングって格別だよな。日本人投手は成長するのにじっくり時間をかけるけど、成功したら真のエースになる。


 

↑ MLBにくるのがエース級だけなんだよ。

 


↑ カーショウ、グリンキー、ウェインライトとか他のアメリカ人投手が日本のリーグに行ったら、日本人はアメリカ人が最高の投手だと思うだろうね。


 

チェン・ウェインはいつから日本人じゃなくなったの??


 

↑ 台湾人だよ。


 

↑ 日本人と中国/台湾人の名前って読み方でなんとなくわかんないかな?


 

↑ ダルビッシュはそんなに日本っぽい読み方じゃないけどね。


 

↑ そりゃハーフだからね。

 


ドイツ生まれのピッチャーは合計で615敗、防御率6.33-1.9WARだったな。


 

↑ エドウィン・ジャクソン(カブス)だけじゃねえか。







松井秀喜 「長距離打者もスイッチでもいいよね」



全盛期阿部がメジャーで残せそうな成績


張本「15勝&25本を3年続ければ二刀流に文句ない」


MLB技巧派の究極形はマダックスだが



盗塁の価値低すぎwwwwwwwwwwww


田中将大は「くっついていればサイ・ヤング、切れたらチーム“終焉”」



糸井嘉男のコース別打率がエグい


黒田「10敗しても10勝できるピッチャーは必要」



金田「今の選手の方がすごい」


ゴメス(´・ω・`)アレックス(´・ω・`)タイロン・ウッズ(´・ω・`)ブランコ(´・ω・`)


大田泰示(24) 5試合 .454 1本 8点wwwwwwwwwwwwww


阪神・北條「(長打は)もういいんです、この体で打てるかぁ!」



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote