今回はブルワーズ、パイレーツ、カージナルス、ダイアモンドバックスの移籍情報をご紹介いたします。

25









【ブルワーズ】


アダム・リンド(31) 一塁手 元ブルージェイズ

96試合 打率.321 6本塁打 40打点 出塁率.381 長打率.479

アダムリンド2



主な退団選手

マルコ・エストラーダ(31) 中継ぎ投手 ブルージェイズへ
39試合 7勝6敗 防御率4.36

ザック・デューク(31) 中継ぎ投手 ホワイトソックスへ
74試合 5勝1敗 防御率2.45

フランシスコ・ロドリゲス
(33) クローザー 未定
69試合 5勝5敗44セーブ 防御率3.04


 今シーズンの補強はA・リンドのみ。昨シーズンも貯金を2つ作ったものの得失点差は-7で優勝を狙えるレベルではないでしょう。
 15年限りで契約の切れる選手が多いため、シーズン中のトレードなどで再建モードに入っていくのではないでしょうか。




【パイレーツ】

フランシスコ・セベリ(29) 捕手 元ヤンキース

49試合 打率.301 2本塁打 13打点 出塁率.370 長打率.432

フランシスコセベリ



AJ・バーネット(38) 先発投手 元フィリーズ

34試合 8勝18敗 防御率4.59 213.2投球回 190奪三振

AJバーネット



その他移籍選手

ペドロ・フロリモン(28) 遊撃手 元ツインズ
カン・ジョンホ(27) 遊撃手 元ヒーローズ(韓国)
ショーン・ロドリゲス(29) ユーティリティ 元レイズ
コリー・ハート(33) 外野手、一塁手 元マリナーズ
アントニオ・バスタード(29) 中継ぎ投手 元フィリーズ



主な退団選手

ラッセル・マーティン
(32) 捕手 ブルージェイズへ
打率.290 11本塁打 67打点 OPS.832

エディンソン・ボルケス(31) 先発投手 ロイヤルズへ
32試合 13勝7敗 防御率3.04

アイク・デービス(28) 一塁手 アスレチックスへ
打率.233 11本塁打 51打点 OPS.722

 
 20年以上の低迷期を脱し、2年連続でPOに進出しています。16年には主力2選手がFAとなるため、何とかそこまでに結果を残したいところ。
 今季は韓国からカン・ジョンホを獲得。彼の活躍にも期待したいところ。




【カージナルス】

ジェイソン・ヘイワード(25) 右翼手 元ブレーブス

149試合 打率.271 11本塁打 58打点 20盗塁 出塁率.351 長打率.384

ジェイソンヘイワード2



ジョーダン・ウォルデン(27) セットアッパー 元ブレーブス

58試合 0勝2敗3セーブ 防御率2.88 50.0投球回 62奪三振

ウォルデン




その他移籍選手

マーク・レイノルズ(31) 一塁手 元ブルワーズ
マット・ベライル(34) 中継ぎ投手 元ロッキーズ



主な退団選手

シェルビー・ミラー(24) 先発投手 ブレーブスへ
32試合 10勝9敗 防御率3.74 

ジャスティン・マスターソン(30) 先発投手 レッドソックスへ
28試合 7勝9敗 防御率5.88

パット・ニシェック(34) 中継ぎ投手 アストロズへ 
71試合 7勝2敗6セーブ 防御率1.87


 3年連続でPOで敗退。今季の大きな補強はチームの有望株のオスカー・タベラスの事故死の影響でJ・ヘイワードを補強したことでしょうか。
 ワールドシリーズ制覇のための戦力は十分そろっています。


【ダイヤモンドバックス】


ヤスマニ・トーマス
(24) 三塁手 所属なし
出場なし

ヤスマニートーマス



ジェレミー・ヘリクソン(27) 先発投手 元レイズ
13試合 1勝5敗 防御率4.52 63.2投球回 54奪三振

ジェレミーヘリクソン



ルビー・デラロサ(26) 先発投手 元レッドソックス

19試合 4勝8敗 防御率4.43 101.2投球回 74奪三振

ルビーデラロサ



その他移籍選手

アレン・ウェブスター(25) 先発投手 元レッドソックス



主な退団選手

ウェイド・マイリー(28) 先発投手 レッドソックスへ
33試合 8勝12敗 防御率4.34

ミゲル・モンテロ(31) 捕手 カブスへ
打率.243 13本塁打 72打点 OPS.699

ディーディー・グレゴリアス
(25) 遊撃手 ヤンキースへ
打率.226 6本塁打 27打点 OPS.653



 今シーズンの1番の注目ポイントは、キューバから獲得したY・トマスの活躍。本来は外野手ですが、三塁手に挑戦するようです。
 しかしチーム全体としてはその他大きな補強はできず、優勝を狙うには厳しい戦力。

 


【ロッキーズ】

大型補強無し


その他移籍選手

ニック・ハンドリー(31) 捕手 元オリオールズ
ダニエル・デスカルソ(28) 遊撃手、二塁手 元カージナルス



主な退団選手

マイケル・カダイヤー(36) 右翼手 メッツへ
打率.332 10本塁打 31打点 OPS.955

ジョシュ・ラトレッジ(25) 二塁手 エンゼルスへ
打率.269 4本塁打 33打点 OPS.728

フランクリン・モラレス(29) 先発投手 未定
38試合 6勝9敗 防御率5.37


 大型補強もなく、オーナーも「トレードはしない」と話している模様。このままでは優勝はきびしいか。
 至宝を放出してでも再建モードに入るべきでは・・・・・・






全盛期の高津臣吾って何が凄かったの?


2012年にイチローがMLB年収ランキング4位になっていたという事実


巨人小林、二盗を3つ刺すwwwww【動画あり


「Aロッドが許されるには打ちまくるしかない」海外の反応


長嶋茂雄「打撃フォームなんてどうでもいい」


シャーザー獲得のナショナルズ、圧倒的戦力を誇る今季は?2015MLB移籍まとめ⑤


メジャーリーグで最高の三塁手


【悲報】落合絶賛の友永、打てない守れない


アメトーーク、カープ芸人第2弾の放送決定!


4ACCEEDの選手を12球団に入れてペナント


オリックス・森脇監督 「2番・糸井」 構想


巨人時代のサブローwwwwwwwwwwww


ダルビッシュ有のメジャー成績ってなんか微妙だよな


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote