ダルビッシュ選手はトミージョン手術を受けることになり、残念ながら今シーズンは出場できませんがそのダルビッシュ選手、藤川選手と岩隈選手が所属するチームの地区ですね。
エンジェルスが今年も独走するのか!?
レンジャースの勝率は?

27







翻訳元:http://m.bleacherreport.com/articles/2408150-final-win-loss-predictions-for-every-mlb-team-in-2015/page/4

さぁ西地区の予想は

TeamWinsLossesWin%GB
Seattle Mariners9567.586-
Los Angeles Angels9072.5565
Oakland Athletics8478.51911
Texas Rangers7290.44423
Houston Astros7092.43225

マリナーズは2001年以来ポストシーズンに進めていませんでしたが、昨年はあと1ゲームまで迫り、ついに長かった暗黒期に終止符を打ちました。
課題だった右の強打者としてネルソン・クルーズを補強し、ジャスティン・ルジアーノ、セス・スミス、リッキー・ウィークスと外野手の層は厚いですね。
投手陣の力は相変わらず、素晴らしいままで、パクストン、ウォーカーがポテンシャルを発揮できれば、エースのヘルナンデス、岩隈に続くローテーション候補となるでしょう。ブルペンも整備されました。
かつての西地区の覇者が帰還するでしょう。


7


昨シーズンエンジェルスはMLBでチーム最多得点をあげた打線を擁して98勝をあげました。
ジョシュ・ハミルトンが試合に出られず、ケンドリックがトレードされても、やはりマイク・トラウト率いる打線はかなりの火力があります。
投手力はせいぜい平均レベルですが、リチャーズの復帰の分、昨年より良くなりそうです。
昨年は投手力では、全くマリナーズに敵いませんでしたが…


11


オークランドアスレチックスのGMビリー・ビーンは大型のロースター編成を過去にも行っていますが、今年ほどの年は無かったでしょう。
昨年の開幕ロースターから今年も変わらず開幕ロースターにいるのは、たったの12人だけ
打線が機能するには、ローリー、バトラー、デービスの活躍が求められるでしょう。
投手陣は実績の無い投手を計算に入れざる終えないでしょう。
ジャロッド・パーカー、グリフィンの復帰がキーとなり、大きな躍進を遂げさすかもしれません。

28


昨シーズン怪我人により大きく引き離されてしまったレンジャーズに、またもシーズン前に悲報が…エースのダルビッシュを欠くこととなりました。
ホランドとガラード以外先発投手はまともな投手がいるのでしょうか。
打線はフィルダーの復帰もあり、強化されるでしょう。チュシンスもいますが、やはり投手がいなさすぎて…


フィールダー


アストロズは昨年近年では最高に良く、このオフシーズンはブルペンを補強し、ジェドラウリー、バルブエナ、ラスムスを獲得しました。
先発投手が最悪のチームの中の一つであり、再建にはもう少しかかりそう。スプリンガーやシングルトン、アッペルの将来が待ち遠しいですね。


27


アンケートにご協力ください






松井秀喜の嫁さんが世間に出てこない理由wwww

田中将大「 ♪ ??( ´ω` )?? ♪」

原監督「彼ら(由伸&井端)は勝ち取った」

井川慶ってメジャーいかなかったら

森、史上最年少開幕DH!19歳7か月で

張本勲「本塁打王は50本以上、最多勝は15勝以上からにするべき」

セペダ、やっぱりインコース見えてない【画像あり


久保山口モスコーソ井納三嶋←普通に凄くね?

グリエルって9月ぐらいに来日しても3億5千万やろ?

電車内でギリギリ許される食べ物と言えば?

当サイト「MLB NEWS」では、現在記事作成のお手伝いをしていただける方を募集しております。
「自分の好きな選手について語りたい!」、「MLBについてもっと語りたい!」という方がおられましたら、↓のメールフォームなどでご連絡ください。
http://blog.livedoor.jp/i6469/archives/20860722.html


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote