開幕まであとわずかのMLB。
 今シーズン一番の優勝候補の呼び声が高いのがワシントン・ナショナルズ。最も優秀な先発陣をそろえているといっても過言ではないでしょう。

 そんな投手陣に関する記事がございましたので、ご紹介いたします。

ストラスバーグ











翻訳元 http://espn.go.com/mlb/preview15/story/_/id/12570393/mlb-washington-nationals-starting-rotation-deep-dangerous

<記事要約>
マックス・シャーザー、スティーヴン・ストラスバーグ、ジョーダン・ジマーマン、ダグ・フィスターとジオ・ゴンザレスの5人は、疑いなく「ベストの先発陣」(フィリーズの外野手ジェフ・フランコーア)だろう。悩みといえば5人の順番くらいなものだ。


近年豪華先発陣と聞いて思い浮かぶのは、1998年のブレーブスや2011年のフィリーズなどだが、その時でさえ5人の中では差があった。昨年の防御率が 3.04だった先発陣に、タイガースで直近4年間70勝24敗だったシャーザーが加わった。そのため昨年15勝10敗、防御率2.79のタナー・ロアークは中継ぎに回る。


「こんなのは見たことないよ。」二塁手のダン・アグラは語る。「2012年にジオが来て、後からフィスターも加わった。しかも皆どんどん成長しているんだ。まさに『クレイジー』だね。」


クレイジーな素晴らしさ。5人は全員26~31歳の絶頂期で、合算で331勝234敗(勝率.596)、防御率は3.60を誇る。フィスター以外はオールスターを経験し、全員がサイ・ヤング賞の投票で10位以内に選ばれたことがある。


ブレーブスの一塁手フレディ・フリーマンは呆れ顔で語る。「シャーザーが行くと聞いたとき、なんで?と思ったよ。ロアークも良いピッチャーだし、ジオも他の球団へ行けば1番手か2番手だろう。ジオが5番手?やれやれ、こんなチームと19試合もするとはね。」


「う ちが最高の先発陣だって?まだ始まってないよ。身に覚えがあるのでね。」と慎重なのはナショナルズのピッチング・コーチのスティーヴ・マカティーだ。マカ ティーは自分自身当時最強といわれた1980年アスレチックスの先発の一角だったが、「完投主義」などの影響もあり故障者やオーバーワークで、投手王国は 2年しかもたなかった。「野球は何が起こる変わらないよ。」


「何がすごいって、皆持ち味が違うってことさ。」とメッツの二塁手ダニエル・マーフィー。「シャーザーのチェンジアップ、ストラスバーグは95マイルで沈めてくるし、ジオのカーブもすごい。ストライクゾーンにくると信じて振るしかないね。」


過去の偉大な先発陣との比較について話が及ぶと、シャーザーは「そのことについてはシーズンが終わってから話したいな。口では何とでも言えるし。」と語っ た。確かに。しかしピッチャーについてはバッターのほうがより的確に判断できるかもしれない。ナショナルズの内野手ライアン・ジマーマンは笑って首を振 る。「対戦したらだって?まじめな話、考えたくもないね。」



<海外の反応>
プレーオフで我がジャイアンツと戦ってからまた言ってほしいね。


ナショナルズのおかげでカージナルスへの警戒が薄くなっているようだな。ウェインライト、リン、ワカにラッキーもいるし、カルロス・マルティネスも注目だよ。


「ドリーム・チーム」並だな。リングを金で買おうとでも?しかし、スポーツの世界は奥深く、勝つにはそれ以外の何かが必要というもの。ディヴィジョン・シリーズで敗退と予想しておくよ。

→何かが必要、というのには同意。だが金で買おうとはしてないだろう。先発2人、クローザー、野手の8人のうち5人は自前の選手だ。覚えている限り6人はドラフトで指名している。まあ野球は他のスポーツ以上に運が必要なのは確かだけど。


やつらは毎年こう言っているのさ。今年のNL東地区はマーリンズが勝つだろう。


今年はパドレスの投手陣のほうが、防御率でも奪三振でもナショナルズの上を行くよ。ブラック監督の方針で完投数では負けるかもしれないけどね。開幕が楽しみ!


下馬評は高いみたいだね。あまりプレッシャーがかからないといいな。監督次第では20ゲーム差で優勝もあるだろう。


中継ぎが出てこないようにして、打ちまくれば過去最高の先発陣になるだろうね。


ヤンキース・ファンのオレでも今年はナショナルズの試合を何試合か見るのが楽しみだよ。


ナショナルズはタイガースに似てる。打つのはイマイチ、まあまあの先発、貧弱なリリーフ。


先発にばかりお金を掛けて打てなかったフィリーズの失敗から学んでいないようだな。


今年はマーリンズがナショナルズを叩きのめすよ!

→マーリンズとメッツを間違えたのかな?

 →メッツは圏外だ。NL東地区はマーリンズとナショナルズの一騎打ち。

    →ちょっと待て。マーリンズのファンっていたんだ。


先発が良くても打線がね。

→80打点以上のバッターが4人いる打線は弱くはないだろ。


1971年のオリオールズを覚えている。戦前は誰も先発4人が20勝以上あげるとは予想していなかった。言えることは予想は単なる予想ということ。開幕を待とうじゃないか!




イチローのメジャー1年目の成績ヤバすぎだろwwwwwwwww

バリー・ボンズ(40).362 45本 101打点 四球232(敬遠120)

グリエル解雇は大正解 キューバ選手は“百害あって一利なし”

村田修一さん、完全に終了

オッチ「八木拾ってきたぞ」

セブンがまたやりやがった!これが旨い!!


村田の成績が凄い

巨人・村田、わずか7試合で原監督に見捨てられる

オリックス・宮内オーナー激怒!「全くダメだ!ダメだね。もう疲れたよ」

【悲報】黒田、同僚の荷物に消化器を入れる畜生だった

大谷、何だかんだでHQS!7回2失点11Kの力投!


ヤフートップに工藤監督「ざまあみろ」

清原和博さん、これからは「人の役に立てる人間になりたい」

当サイト「MLB NEWS」では、現在記事作成のお手伝いをしていただける方を募集しております。
「自分の好きな選手について語りたい!」、「MLBについてもっと語りたい!」という方がおられましたら、↓のメールフォームなどでご連絡ください。
http://blog.livedoor.jp/i6469/archives/20860722.html



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote