イチローは審判に懇願した。その後マーリンズはチャレンジをした。

それから我々は待ちに待った。

木曜夜、レビューが5分44秒続いたあと、最もワイルドなリプレイのレビューチェックの1つが結果覆り、シティーフィールドでのメッツ戦でマーリンズが7回に同点に追い付くことになったのだった。


no title
執筆:MLBのすすめ管理人






翻訳元 http://m.marlins.mlb.com/news/article/118787604/miami-marlins-ichiro-suzuki-called-safe-in-wild-replay-review

 

その時試合は5-5で同点だったが、ニューヨークは最後に7-5で勝利した。
しかし、7回にイチローが小刻みに動いて何とか生み出した得点はマイアミに瞬間的だが活気を戻した。


ベテラン外野手はアウトに見えた、だがその41歳はなんとか体を捻ってキャッチャーのトラビス・アーノルドのタッチを掻い潜った。
初め主審のエリック・クーパーはアウトと判定した。しかしイチローはタッチされていないと強くリアクションをし、マーリンズはチャレンジした。






「私は彼がタッチされたと思った」マイアミの監督マイク・レドモンドは言った。



審判は捕手がタッチしたかどうか本当にチェックしたかったんだと思う。だが、明らかに彼(捕手)は2回目に、もう1度タッチしようとしていた。自分には明確だった。彼は1度目をタッチしていなかったんだ」



「多くのカメラアングルでもそれはハッキリしなかった。1つの頭上からのカメラがイチローの指先がホームプレートに先に触れているのを捉えていた。



「(クーパーは)イチローがタッチする前にキャッチャーにタッチされていると思ったんだ。審判長ゲイリー・セドーストロムは言った。



アーノルドでさえ、判定は正しいと思っていた。



「彼らの一連の判定は正しいかったと言えると思うよ」メッツのキャッチャーは言った。



「俺は彼にタッチしてなかった」



「レビューは最初のタッチがなされてるかどうかだと直ぐに思った。俺が見たところからも彼は俺のタッチをよけたと思った。でも判定では最初のプレーでタッチしたってことになってた。審判は最初のタッチのところで判定たんだ」



そのレビューはマーリンズパークでのレッズ戦で昨年8月にホーム衝突での協議に6分10秒かかって以来、長いものだった。



木曜の7回、イチローは1アウトから三塁打を放った。左腕ジェリー・ブレビンスはディー・ゴードンと相対し、ゴードンはボール を叩きセカンドのダニエル・マーフィーへと鋭いゴロの打球が飛んだ。イチローはホームへ向かったが急停止した。駄目だと思ったのだろう。もしそうなら彼は セカンドへ進む時間を稼いだだろう。だがマーフィーの送球は横に逸れた。イチローはホームでうつ伏せになり、アーノルドはタッチしようとして入り乱れた。



「タックルしようかなぁって思いましたよ」イチローは通訳を介して言った。



「強い打球だとはわかってました。だけどホームではチャンスはないと思ったんです。だから止まった。そしたら悪送球だった。そしてまたホームに行ったんです」



そして混乱が始まったのだった。






イチロー、大谷翔平「野手派」だった

M・トラウトとY・ベンチュラが乱闘騒ぎ!?ベンチが空に!(海外の反応)

西武・森スリーランwwwwwwwwwwwww

中田翔 .218 6本 15打点 ops.858 出塁率.313


阿部慎之助さん、断トツ最強捕手のお知らせ

檻ファン、怒りのメガホン投げwwwwwwwww【画像

セペダとかいうバッティングの革命児wwwwww

カノーの頭がおかしくなっている件wwwwww ※動画あり


【日本の4番】中田翔さん、本日2本目の第6号ホームランwwww

【中日】小笠原道大 .714

近くトレードか DeNAに居場所ない多村を欲しがる球団の名前


オリックス、今日も逆転負け 泥沼6連敗で借金12・・・

内川、暗黒ムードのオリックスを滅多打ちwwwww

当サイト「MLB NEWS」では、現在記事作成のお手伝いをしていただける方を募集しております。
「自分の好きな選手について語りたい!」、「MLBについてもっと語りたい!」という方がおられましたら、↓のメールフォームなどでご連絡ください。
http://blog.livedoor.jp/i6469/archives/20860722.html


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote