フィラデルフィア・フィリーズ (2015年6月21日現在)

71試合、24勝47敗、勝率.338、首位とのゲーム差13.5

子供「お父さん、父の日に!」
お父さん「だから言ったろ、あの子オレのこと嫌ってるって」

no title



http://www.philly.com/philly/blogs/tailgaters/The-Phillies-are-historically-bad-and-getting-worse.html
http://www.reddit.com/r/baseball/comments/3alqcu/the_phillies_are_historically_bad_and_getting/


<記事要約>

「フィリーズ”歴史的”低迷、更に泥沼化」


フィリーズ・ファンの皆様、父の日おめでとう!
お父さんたちは、きっとフィリーズ・ネクタイを息子さんや娘さんから受け取ったと思う。
しかし、残念ながらそのネクタイは、2017年か2018年までしまっておこう。
その頃になれば、またフィリーズの戦力は上がってくるだろう。


しかしここ最近のフィリーズは、2028年になっても良くならないのではないかと思うほどだ。
ほとんどの専門家が、今年90敗以上するだろう、と予想している。


現在のところフィリーズは、1945年以来最悪となる、シーズン108敗のペースだ。
6月に入り110失点に対し、54得点。
ここ12試合に限れば、80失点に対し、25得点しかない。
10試合は無残にも負けたが、これでも2試合は何とか勝った。


一番の問題は、攻撃力がないことだ。
70試合を消化してチーム打率は.237、本塁打は40本と低迷。
199打点は、リーグ最低である。
ほかのどの指標も、ほとんどが大差の最下位だ。


不運なことに、投手陣も打撃と同じくらい悪い。
先発投手は26試合連続して勝ち星を上げていないし、そのうち16試合で負け投手になっている。
防御率4.38は、ナリーグで下から3番目だ。


守備も悲惨だ。
守備防御点(DRS)マイナス46は、MLB最低。
ベースボール・リファレンスのサイトによれば、このマイナスの元凶はアトリー、若手のマイケル・フランコ、負傷中のグレイディ・サイズモアらしい。


そして、フィリーズの今期の低迷を象徴するかのようなことが、先週の火曜日、ボルティモア・オリオールズ戦で起こった。
ライン・サンドバーグ監督は3-17と大量リードを奪われ、外野手ジェフ・フランコーアをマウンドに送った。


フランコーアは7回は無安打に抑えたが、8回裏につかまった。
しかし、フィリーズの投手コーチ、ボブ・マクルーアがブルペンに投手交代の準備を連絡しようとしたが、電話が壊れて連絡ができなかった。

https://www.youtube.com/watch?v=-_YbyjI-YpQ


ファンも黙っているわけではない。
観客動員数がシチズンズ・バンク・パークに移って以来、過去最低なのには理由がある。
これはギブ・アップということだろうか。







<海外の反応>


「フィリーズ”歴史的”低迷、更に泥沼化」



2003年のタイガースは119敗した。
防御率5.56の投手がエースといわれた。
フィリーズはその時より悪いとは思えないね。
 (レッドソックス・ファン)


→面白い事実:
「2003年タイガース攻撃陣のfWARは、-1.2だった。
一方2015年タイガース攻撃陣のfWARは既に、-3.6!」
これが「歴史的」ということ。
 (ホワイトソックス・ファン)


→ぜんぜん面白くないよ。
 (ホワイトソックス・ファン)


→今年は過去最悪かもね。
 (ホワイトソックス・ファン)


→でもまだホワイトソックスの1試合あたりの得点は、3.42点あるから。
フィリーズは3.01点。
これは投手優位で、今と比べて半分くらいしか点が入らなかった、1972年の最低記録並みだよ。



フィリーズは好調の時代が長かった。
ここ10年だけでも、2008年と2009年ワールドシリーズに連続出場。
2008年は優勝した。
全然ムチを打つような状況じゃない。
メッツが最後にワールドシリーズに勝った時、まだファミコンもなかったんだ。


→ファミコンは北米では、1985年に発売された。
メッツが優勝したのは1986年だよ。
 (メッツ・ファン)



タイトルも記事もアホらしいね。
著者は今フィリーズが、どれほどダメダメかを書きたかっただけで、どれほど「歴史的」な低迷なのかは全く触れられていない。
アストロズを知らないのかな?
ずっとダメダメだった。
タイトルは「ダメダメなチームは低迷する」でいいよ。
 (フィリーズ・ファン)


→相手チームに走攻守全て劣っていれば負ける。
これがニュース?ってなるね。

ヒューストンの3年連続100敗、1962年メッツの40勝120敗、2003年デトロイトの43勝119敗、ピッツバーグの20連敗。
「歴史的低迷」という言葉を使うなら、こういう事実と比較して検証する必要があるよ。

他にもいろいろあるけど、トイレでこの記事を読んだ3分は無駄になった。
 (エンジェルス・ファン)


→アストロズと違って、フィリーズには再建の兆しがないよ。
再建を始めてすらいない。
アマーロGMはトレードの値踏みをしてるだけ。
アストロズの1~2年前より状況は悪いと思う。
 (ブレーブス・ファン)


→希望はないわけではないよ。
マイケル・フランコ三塁手は上がってきたし、クロフォードやノラといったピッチャーも上がってくるだろう。
今年は無理だろうけどね。
 (フィリーズ・ファン)


→”1945年以来最悪となるシーズン108敗のペースだ。”
「歴史的な」事実は示されてるけどね。
 (フィリーズ・ファン)


→でも「歴史的」には、今まで15回も100敗以上してるんだよね。
100敗近く、だったらもっとある。
1961年に107敗した時はひどかったよ。
「歴史的」なことは、もしかしたらここ30年ほど成績が良かったこと、なのかもしれない。
今、成績が悪い、ということではなく。
 (フィリーズ・ファン)



「夜明け前が一番暗い」というじゃないか。
 (フィリーズ・ファン)


→アマーロがGMでいるかぎりはどうかな。
月明かりを夜明けだと勘違いしなきゃいいけど。
 (ブレーブス・ファン)


→2003年タイガースは119敗したけど、2006年にはワールドシリーズに出た。
意外に早く回復するかもよ。
 (レッドソックス・ファン)


→ホワイトソックスなんか、115年間で9回しかプレーオフに出てないのに。
 (ホワイトソックス・ファン)


→しかも、1919年と1983年の間は1回だけ。
1969年に拡張してできたロイヤルズは今、8回プレーオフに出てる。
あと1回で追いつくよ!
 (ロイヤルズ・ファン)



地区は違うけど、ブルワーズとはたった2ゲーム差じゃないか・・・
まあ、フィリーズはクソだけど。
 (メッツ・ファン)


→ブルワーズは、開幕から4勝17敗だった。
それ以降、21勝28敗。
自慢できる成績ではないが、まともなシーズンになる可能性は残ってる。
同じ期間でフィリーズは、15勝34敗。
これは厳しい状況だよ。
 (アスレチックス・ファン)



「歴史的低迷」を解決するのは、フロントの仕事だよ。
経営陣がしっかりしていれば、構造的な改革ができていたはずだ。
「ブルペンへの電話がつながらない」問題をどうこうする以前にね。
組織としてみた場合、フィリーズは「歴史的」に悪い。
 (ヤンキース・ファン)



でもまだ、チェイス・アトリーやライアン・ハワード、それにコール・ハメルズもいるじゃないか!
 (カージナルス・ファン)



面白い記事だった。
 (メッツ・ファン)




B・ハーパー .350 24本 57打点 出塁率.479 OPS1.223


田中将大、7失点大炎上に対する海外の反応

上原浩治さん(39)今日も2失点で防御率3.52へ


肘に完全試合阻止されたシャーザーwwww


両投げ投手パット・ベンディットに聞く“2倍の苦労”


MLBの現役最高の二遊間は?クロフォード&パニック?エチェバリア&ゴードン?(海外の反応)


「投手以外は走り込む必要がない」←反論できるか?

野球部「部員が5人しかいない!スキー部から借りるで!」


【悲報】村田修一さん、チャンスで打席に向かうも代打を送られる


【巨人】坂本の併殺数wwwwwwwwwwwwwwww

鷹-----公-猫-------鷲-----鴎-------------檻

渡久地に「明らかに異常じゃねーか」って言われそうな球団ランキングwwwww


昔のプロ野球は今よりもレベルが低かったという風潮

当サイト「MLB NEWS」では、現在記事作成のお手伝いをしていただける方を募集しております。
「自分の好きな選手について語りたい!」、「MLBについてもっと語りたい!」という方がおられましたら、↓のメールフォームなどでご連絡ください。
http://blog.livedoor.jp/i6469/archives/20860722.html



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック