カル・リプケンJr

1960年生、メリーランド州出身。
1981年デビュー、2001年引退。

・新人王 (1982)
・アリーグMVP (1983,1991)
・ゴールドグラブ賞 (1991,1992)
・オールスター選出19回
・連続試合出場 2,632試合(歴代1位)
21年通算、11,551打数3,184安打、本塁打431、打率.276、出塁率.340、長打率.447


デレク・ジーター

1974年生、ニュージャージー州出身。
1995年デビュー、2014年引退。

・新人王 (1996)
・ゴールドグラブ賞 (2004-2006,2009,2010)
・オールスター選出14回
・通算安打 3,465(歴代6位)
20年通算、11,195打数3,465安打、本塁打260、打率.310、出塁率.377、長打率.440








https://www.reddit.com/r/baseball/comments/3lyg7h/who_was_better_cal_ripken_jr_or_derek_jeter/

<海外の反応>

「デレク・ジーターとカル・リプケンJr、どっちが上?」


友達と話していてかなり議論が白熱したんだが、みんなはどう思う?
 (スレ主、アストロズ・ファン)



ジーターはいいバッターだった。
でも、カルには超一流の守備があった。
カルもバッティングは悪くないし、総合すると圧倒的にジーターを上回る。
 (パドレス・ファン)


→ジーターはかろうじてバッティングだけ上回っていた。
それ以外はリプケンが圧倒している。
キャリアを通して守備は良かったのに対し、ジーターの守りは平均以下から最後は酷いレベルまで落ちた。


→ジーターの打撃はリプケンよりコンスタントに良かった。
”かろうじて”とは言えない。
守備については同意だけど。
 (ヤンキース・ファン)


→ジーターもマイナー時代にケガをしていなければ、もっと守備範囲が広かった。
 (ヤンキース・ファン)



リプケン、議論の余地なし。
ジーターはバッティングと走塁では少しばかり上回っていたと思う。
両サイドの守備範囲の広さは圧倒的にリプケン。
ジーターは平均にも届かない。
 (カブス・ファン)



ベースボール・リファレンスのWARだと、大きく違う。

通算打撃WAR
 ジーター:95.4 (歴代20位)
 リプケン:77.2 (歴代42位)

通算守備WAR
 ジーター:-9.7
 リプケン:34.6 (歴代4位)


ちなみにアレックス・ロドリゲスが遊撃手だった10年間のdWARは8.8。
 (ツインズ・ファン)


→ここまで差があるとはね。
 (ヤンキース・ファン)


→でも、リプケンは観客席に何回飛び込んだ?
1回飛び込むと、1点WARがあがるんだろう?
 (ブルージェイズ・ファン)


→あとジャンピング・スローも。
 (メッツ・ファン)


→ゴールドグラブ賞もWARに変換しよう!
 (カージナルス・ファン)



リプケン。
ジーターと同じくらいのバッターで、アメリカン・リーグ史上最も優れた遊撃手。
 (マーリンズ・ファン)



打撃ではジーター。キャリア晩年の活躍もジーター。
守備ではリプケン。パワーでもリプケン。
 (ヤンキース・ファン)



リプケン。
ジーターは守備でチームメートの助けが必要だった。
 (ヤンキース・ファン)



リプケン。際どくもない。
OPS+とwRC+で比べると同じくらい。
そして守備は圧倒的にリプケン。
そして、リプケンは2度のMVPがあり、ジーターは獲れなかった。
MVPを見れば、ジーターは過大評価されていることがわかる。
 (インディアンズ・ファン)


→2006年はMVPを獲ってもおかしくなかった。

 投票1位 モルノー:.321/.375/.559、WAR 4.3、dWAR -0.7
 投票2位 ジーター:.343/.417/.483、WAR 5.5、dWAR -0.8
 投票3位 オルティース: .287/.413/.636、WAR 5.7、dWAR -1.2
 (ヤンキース・ファン)


→1999年もイバン・ロドリゲスが獲ったけど、ジーターでもおかしくなかった。
ペドロ・マルティネスの成績もよかったけど、当時は投手にあまり投票されなかったから。


→1999年はペドロこそふさわしかった。
(※31試合、23勝4敗、防御率2.07、WHIP 0.92、奪三振313)


→2006年はグレイディ・サイズモア(当時インディアンズ)が獲るべきだった。
1999年はジーターかマニー・ラミレスだと思ったけどね。


→2006年のサイズモアはすごかった。
.290/.375/.533、WAR 7.9。
 (パドレス・ファン)



何を持って”上”とするかだね。

 リプケン fWAR 92.5、bWAR 95.5
 ジーター fWAR 71.7、bWAR 71.8


ワオ!200打席も違わないのに、20ポイントも離れているとはね。

別の指標も見てみよう。

ファングラフスのOffとDef(※攻撃または守備で、平均より何点稼いだかを算出した指標)だ。

 リプケン Off 165.4、Def 310.1
 ジーター Off 331.8、Def -29.7


ベースボール・リファレンスの攻撃、守備それぞれのWAR。

 リプケン oWAR 77.2、dWAR 34.6
 ジーター oWAR 95.5、dWAR -9.7

ポジションが同じだったので、レンジ・ファクター(アウト寄与率)も比較できる。

 リプケン 4.73 RF/9
 ジーター 4.04 RF/9

あまりセイバーメトリクスが好きでない?
それなら、これはどうだろう。

 リプケン 優勝リング 1、MVP2、新人王
 ジーター 優勝リング 5、ワールドシリーズMVP1、新人王

 (ヤンキース・ファン)




来年イチローを必要としているチームってあるの?(海外の反応)


姜正浩を壊したコグラン「自分のプレーは完全にルールの範囲内だ」

マイク・トラウト(24).293 40本 87打点 OPS.985

オリックス井川慶、復活wwwwMAX145キロで1回ピシャリ!!

FIP←わからん xFIP←わからん WAR←わからん


岩隈久志、7回無失点10奪三振で9勝目


Y・モリーナ、左手親指靭帯部分断裂・・・今期中の復帰を目指す


【悲報】西武高橋朋、右足首がぶらんぶらん


マートンが放出されそうだけど引き取る球団ある?


楽天、来季監督に梨田氏決定的!パ知り尽くす名将に再建託す

【悲報】イチロー、晩節を汚しまくる


マートンが放出されそうだけど引き取る球団ある?


小笠原道大 通算2120安打378本塁打1169打点

当サイト「MLB NEWS」では、現在記事作成のお手伝いをしていただける方を募集しております。
「自分の好きな選手について語りたい!」、「MLBについてもっと語りたい!」という方がおられましたら、↓のメールフォームなどでご連絡ください。

http://blog.livedoor.jp/i6469/archives/20860722.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote