シーズン終盤になり個人の賞がだれにいくか注目が集まるなか、クレイトン・カーショウ、ザック・グレインキー、ジェイク・アリエタの3人が激しいサイヤング賞争いを演じています。

no title







https://www.reddit.com/r/baseball/comments/3mys07/nl_cy_young_award_race/


❮スレ主❯


この内二人は落選することになる。三人ともそれぞれの持つ数字ならば簡単にア・リーグのサイヤング賞を獲得するだろうし、他の年ならほとんど争うことなく賞を勝ち取れるだろう。


カーショウ

16勝7敗 2.16 229.0回 294奪三振 WHIP0.89


今週末に先発すれば300奪三振の可能性がある。(現在294奪三振)
7月から8月には41イニング連続無失点を記録。

アリエタ

21勝6敗 1.82 223.0回 229奪三振 WHIP0.88


先月(8月)にノーヒッター。オールスター後の成績は11勝1敗、防御率0.80  また20試合で自責点1以下だ。

グレインキー

18勝3敗 1.68 214.2回 192奪三振 WHIP0.85


シーズンを通して彼の防御率が2.00を上回ることは無さそうだ。7月に45イニング連続無失点。こちらも20試合で自責点1以下。86.0%のLOB%(残塁率)はカーショウ78.1% アリエタ79.8%に比べて高い成績となっている。



→わかるだろうけど、こんなの選ぶの不可能でしょ。もし投票できるなら俺はコインを投げて決めるね。



→グレインキーって感じかな。カーショウが投票を割って、最後はリンスカムが勝ち取るだろう。



→安らかに眠れ。取り敢えず、酒飲み過ぎだから、いいサイヤング賞の夢をみな。




こんなハイレベルで混戦したサイヤング賞争いは見たことない。




三人とも本当に悪くないよなぁ。



→あぁ、二人落選するのは残念だ。でもこれは観てて楽しいし、プレーオフで圧巻のピッチングをするのを楽しみにしてる。今まで見たなかで最高のサイヤング賞争いだ。



参考になると思う。



no title


また、ワケわからん数字を。頭痛くなる。なんかいかがわしい頭文字並べられてるようにしか見えない。



→黙っとこうか。下品なwOBA野郎が。

✳wOBA(Weighted On Base Average)wOBAは簡単に言うと、対象の打者が打席あたりにどれだけチームの得点増に貢献する打撃をしているかを評価する指標である。



→こういう雑多な数字はホントに意味ないと思う。防御率、勝敗、あとK╱9比率をくれ。そこからなら判断できる。



→結局のところ投げたイニングとそれに比してどれだけ失点したかってことより重要なことないんだよなぁ。

SIERAを忘れるな。

※詳細 http://iroirowiki.com/mlbyougo/?SIERA


カーショウ:2.28
アリエタ:2.80
グレインキー:3.31



→なにいってるか分からないぞ。




1つ問題がある。この議論では合計のクオリティスタート数を比較することは意味があるのか?今年のグレインキーのクオリティスタート数31╱29は凄まじいと思う。


カーショウ:27╱32
アリエタ28╱32




→それらを比べるのは価値あることとは言えないね。だけど、いくつか思い出したい。全て6イニング3失点だと防御率は4.50になるけど、29╱31のような数字チームに最高の勝つチャンスを与えてる。



→グレインキーは少なくとも6イニングを全て自分で投げきってる。これは先発として価値あることだと思うね。



→グレインキーはシーズン見渡してもで9回まで投げてない。



→一回完投してるからそれは間違いなはず。その試合は8回を投げて負けた訳だけど。




残塁率は必ずしも幸運の産物とは限らない。もしツーアウトからシングルヒットを与え、次の打者をフライに打ち取ったらラッキーじゃない。シングルを打った打者にとってはラッキーなんだけども。


カーショウは二人よりも多くヒットとホームランを許してるから、彼が不運だったとは言いにくいと思う。それとカーショウは三人のなかで一番コンタクトしにくいピッチングをしてる。だから単なる不運というわけじゃないんだろう。彼は三振も取るけど、それなりに失点もしてる。




グレインキーもそれなりにコンタクトされてるけど、LD%は低いし、ヒットを打つにはライナーが一番確率が高い。




アリエタはカーショウ、グレインキーに比べてそれほどボールを投げすぎてない。だからカーショウよりHR╱9と被長打率、LD%で優れている。




グレインキーの防御率は2.00を越えてないんだ。なんたって開幕日の初回に1失点したからね。



→全ての試合で防御率1点台かよ。




俺はアリエタが勝つと思うね。誰を選ぶにしても悩みすぎて頭痛くなりそうだけど、アリエタがいなきゃカブスの今はないって投票者は考えると思う。



→あとアリエタはまだサイヤング受賞歴がないってことも有利に働く気がする。接近した成績のときは投票者はそういうことも考えると思うんだよねぇ。



→ノーヒッターもやってるしな。



→グレインキーの最高の場面は連続無失点の期間だろう。だけどアリエタはもう無双状態でシーズンを終えようとしてる。



→それによりアリエタにはプレッシャーが掛かってる。グレインキーとカーショウは互いにささえあってるところがあるけど、アリエタは基本的にシーズン通してカブスでは唯一安定した先発投手だからな。



→それは賛成できん。グレインキーが投げてる時、ここで失点したら大型契約がなくなる、なんて考えてる訳じゃない。




カーショウが取りそう。1位票がグレインキーとアリエタに分散して2位以下の票をカーショウが集めて僅差で取っちゃうんじゃないか?



→28歳前にカーショウが4度サイヤング賞獲得というのも見たいけど、一人がこんな独占していいのかよ、とも思う。




結局は三人のうち誰がとっても文句なしの数字だ。




ぶっちゃけイチローって来季契約あるの?

A・ロドリゲス「3000本安打達成した結果www」

「メジャー希望です」と言ってNPBに入団←???

MLBの超一流選手が日本にきたら成績どうなるん?

黒田博樹(40) 10勝 8敗 防御率2.68 161 1/3回


プ レ ミ ア 12 の 守 護 神

マイク・トラウト(24) .295 40本 88打点 OPS.978

巨人・フランシスコ 退団

【阪神】和田GM爆誕へ!渡辺は引退へ、加藤は戦力外


藤浪晋太郎(21) 2.31 14勝6敗 194回 216奪三振

三浦大輔(36)「いつまでも三浦、三浦でいいのか」


パリーグのショートB9争いが熱過ぎる

全盛期松中のバッティングwwwwwwwwww

当サイト「MLB NEWS」では、現在記事作成のお手伝いをしていただける方を募集しております。
「自分の好きな選手について語りたい!」、「MLBについてもっと語りたい!」という方がおられましたら、↓のメールフォームなどでご連絡ください。

http://blog.livedoor.jp/i6469/archives/20860722.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote