NPBは順位が確定して、時期監督候補などストーブリーグの話題も増えていますね。


今回はワールドチャンピオンへの期待も高いブルージェイズの2016年オープン戦についての記事を翻訳しました。

no title







https://translate.google.com/translate?sl=fr&tl=en&js=y&prev=_t&hl=en&ie=UTF-8&u=http%3A%2F%2Fwww.985sports.ca%2Fbaseball%2Fnouvelles%2Fplus-de-50-000-billets-vendus-pour-les-matchs-blue-740274.html&edit-text=&act=url
https://www.reddit.com/r/baseball/comments/3nvfdz/50000_tickets_sold_so_far_for_2016_red_sox_vs/
 
<記事翻訳>

夢のようなシーズンを送ったブルージェイズ。カナダ・モントリオ-ルで来春行われるレッドソックスとのオープン戦チケット販売において早くも変化が表れている。
 
 
オープン戦のチケットは発売から数週間ながら、合計50,000枚以上の販売を記録している。特に人気なのは土曜日のデイゲームチケット。次いで金曜日のナイターだ。
 
 
オリンピックスタジアムに96,000人以上が来場した過去を思い出させる。
※かつて、モントリオールをエクスポズ(現ワシントン・ナショナルズ)が本拠地としていた。
 
 
ブルージェイズがモントリオールでアメリカンリーグの球団を迎え撃つのは初めてのこと。レッドソックスがブルージェイズからの招待を受けて実現した。
 
 
ブルージェイズはその後タンパベイへ移動し44()にシーズンをスタートする。
 
 
ロブ・マンフレッドMLBコミッショナーは、そう遠くない将来メジャーが32球団になる可能性について繰り返し言及しているが、球団数拡張に踏み切る前に、レイズ、アスレティックスの移転という噂もある。
 
 
また、名言こそしていないが2017年からモントリオールでの公式戦開催についても前向きとみられる。
 
 
<海外の反応>

俺たちのエクスポズを返せ!
 
 
 
マンフレッド、間違いを正せ
 
 
 
おれは2試合ともレッドソックスのベンチ裏にいくぜ。すげえ興奮する。(レッドソックスファン)
 
 
→なんてすごいカードだ。どっちも立ち見チケットしか取れなかったけど、帰りに偶然シト・ガストンと出くわしたよ。
※ブルージェイズ2連覇時の監督
 
 
 
これはいかなきゃ…。
 
 
 
モントリオールに新球場があればなあ…。
 
 
→待ってなって。裏では色々進んでるから。クロマティもファンに待ってろって言ってたし、そう急ぐことはないよ。
※元巨人ウォーレン・クロマティ。元エクスポズ選手でもあり、モントリオールへの球団誘致運動を行う。
 
 
→コデール市長も2016年開幕までに公式発表があるって言ってたし。20155月にMLB事務局へ入ったコデールのスーツケースの大きさを見たなら、そこまで青写真って訳じゃないと理解できるだろ。
※デニス・コデール、現モントリオール市長。
 
 
→それに新球場計画も既に決まったか、近いところまで来てるはず。出資者はコストを計算中だよ。
 
 
→マンフレッドがいつモントリオールの計画を公式発表するかなんてわからんよ。ただ、モントリオールには可能性のあるチームがあるし、球団数拡大に向けた手段もある。期待してようぜ!


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote