今年のイチローの打率は.229。
キャリアワーストのシーズンとなりました。

打率低下の要因として、速球やムービング系のボールへの対応力が落ちたということが挙げられています。


では、実際データで見てみるとどうなのでしょうか?

pitch valuesのFB(ファストボール)項目、pitchf/x pitch valuesのFA(フォーシーム及び分類不明のファストボール)、FT(ツーシーム)、SI(シンカー)項目を年度別に並べることで検証します。

また、デビュー年にあたる2001年はデータが存在しません。

no title






・pitch values(FB) 2002~2015

2002 +13.3
2003 +16.2
2004 +24.8
2005 -1.0
2006 +9.3
2007 +18.4
2008 +6.5
2009 +19.1
2010 +0.1
2011 -13.6
2012 -9.1
2013 -9.7
2014 +0.7
2015 -15.9



・pitchf/x pitch values(FA) 2007~2015


2007 +5.9
2008 +9.2
2009 +9.5
2010 -0.5
2011 -3.1
2012 -6.5
2013 -6.2
2014 +2.9
2015 -8.7



・pitchf/x pitch values(FT) 2009~2015


2009 +3.5
2010 -3.2
2011 -6.8
2012 +3.8
2013 -0.2
2014 -1.0
2015 -5.8



・pitchf/x pitch values(SI) 2007~2015


2007 -0.3
2008 -0.2
2009  0.0
2010 +3.5
2011 -5.1
2012 -4.5
2013 -4.6
2014 +0.2
2015 -2.0




やはり、データの上でも3割を切り始めた2011年から明らかに速球やムービング系のボールに反応しきれなくなっているようです。
また、2010年から投手の平均球速が飛躍的に上がったことも関連しているのかもしれません。


ちなみに、pitch valuesによるとイチローの最も得意な球種はカーブです。
2002年~2015年の通算でMLB全体1位のカーブ対応力を示しています。

次は、他の日本人メジャーリーガーでも調べてみたいと思います。




MLBスカウト「前田健太はリリーフ投手」

マリナーズ、岩隈久志に19億円の提示へ!!米メディアが報じる

中日小笠原2軍監督、ぐう聖だった


脇谷巨人復帰へwwwwww


ソフトバンク白根 育成契約捨てトライアウト受験

報知「20発、30発打てる筆頭候補は大田」


JR東社員112人が野球賭博

巨人・福田「これが弘道会の幹部の電話番号や」


【悲報】 金本阪神の実体が激写される

先頭打者ホームランで思い浮かぶ選手


ダルビッシュ有の復帰は5月下旬から6月上旬の見通し!監督がラジオで明らかに


【悲報】来期の中日の年俸1億円超えの選手が殆どいない


【悲報】ジャイアンツ 青木宣親とのオプションを破棄

当サイト「MLB NEWS」では、現在記事作成のお手伝いをしていただける方を募集しております。
「自分の好きな選手について語りたい!」、「MLBについてもっと語りたい!」という方がおられましたら、↓のメールフォームなどでご連絡ください。
http://blog.livedoor.jp/i6469/archives/20860722.html


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote