今回はアメリカ大手野球サイト「fangraphs」で記事にあった「将来のピーク時の防御率ランキング」をご紹介いたします。

 チーム名の横にある数字が、その選手がMLBで残す最高の防御率として予想されている数字です。

no title








【7位】

藤浪新太郎(21) 3年 投手 阪神タイガース(日本) 3.59

2015年
28試合 14勝7敗 防御率2.40 199.0投球回 221奪三振 WHIP1.23

通算成績
77試合 35勝21敗 防御率2.86 499.2投球回 519奪三振 WHIP1.24

フジナミ


【6位】

ランス・マッカラーズ(22) 1年 投手 アストロズ 3.52

2015年
22試合 6勝7敗 防御率3.22 125.2投球回 129奪三振 WHIP1.19 xFIP3.50 fWAR2.8

マッカラーズ


【4位】

ノア・シンダーガード(23) 1年 投手 メッツ 3.42

2015年
24試合 9勝7敗 防御率3.24 150.0投球回 166奪三振 WHIP1.05 xFIP2.91 fWAR3.1

シンダーガード


【4位】

ルイス・セベリーノ(21) 1年 投手 ヤンキース 3.42

2015年
11試合 5勝3敗 防御率2.89 62.1投球回 56奪三振 WHIP1.20 xFIP3.72 fWAR0.7

セベリーノ


【3位】

フリオ・ウリアス(19) 0年 投手 ドジャース(マイナー) 3.37

2015年(AA)
13試合 3勝4敗 防御率2.77 68.1投球回 74奪三振 WHIP1.00

2015年(AAA)
2試合 0勝1敗 防御率18.69 4.1投球回 5奪三振 WHIP3.92

ウリアス


【2位】

大谷翔平(21) 3年 投手 北海道日本ハムファイターズ 2.76

2015年
22試合 15勝5敗 防御率2.24 160.2投球回 196奪三振 WHIP0.91

通算成績
59試合 29勝9敗 防御率2.72 377.2投球回 421奪三振 WHIP1.11

オオタニ


【1位】

ホセ・フェルナンデス(23) 3年 投手 マーリンズ 2.66

2015年
11試合 6勝1敗 防御率2.92 64.2投球回 79奪三振 WHIP1.16 xFIP2.62 fWAR2.1

通算成績
47試合 22勝9敗 防御率2.40 289.0投球回 336奪三振 WHIP1.01 xFIP2.82 fWAR7.8

フェルナンデス



ダルビッシュ、キレる「あなたには何が見えているのか(笑)」


前田健太、ドジャース濃厚wwwwwwww

松井稼頭央さんのMLBキャリアハイwwwwwwww


Z・グレインキーまさかのDバックスと”6年253.7億円”で契約合意!!


青木宣親「シアトルにはコーヒーを飲みに来た!あと優勝も」(海外の反応)


日本人メジャーリーガー投手のMLBでの奪三振率ランキング

大補強のレッドソックスは果たして来季優勝できるのか・・・



巨人・長野 マエケンのポスティングに「正直、良かった」

中田翔「遊び半分で馬でも買ったろかな(半ギレ」


ヤクルト「複数年契約!」 館山「いや、結構です」

DeNA山口、800万円ダウン・・・来季は「死ぬ気で頑張りたい」

藤浪晋太郎、ダルビッシュと1年目に自主トレしていた


「ニシオカみたいにならないで・・・」パク・ビョンホに対するファンの反応(海外の反応)

当サイト「MLB NEWS」では、現在記事作成のお手伝いをしていただける方を募集しております。
「自分の好きな選手について語りたい!」、「MLBについてもっと語りたい!」という方がおられましたら、↓のメールフォームなどでご連絡ください。
http://blog.livedoor.jp/i6469/archives/20860722.html


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote