シカゴ・カブスが、トレードで新たな守護神の獲得を目指していることが明らかとなった。米『NBCスポーツ』のウェブサイトが5日に伝えた。

 同サイトが関係者の話として報じたところによると、カブスがどの選手をターゲットにしているかは明確となっていないが、メジャーでもトップクラスのクローザーに照準を合わせているとのこと。

 現在、今オフにトレードの可能性のある救援投手として、アロルディス・チャプマン(レッズ)、アンドルー・ミラー(ヤンキース)、ケン・ジャイルズ(フィリーズ)らの名前が挙がっている。

記事全文はこちら
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151206-00000214-ism-base

no title






 今シーズンのクローザーの座はヘクター・ロンドンが務め、72試合に登板し、防御率1.67、30セーブを記録するなど好投を見せていました。

 カブスはこのヘクター・ロンドンをセットアッパーに移行し、新たにクローザーの獲得を考えているようです。

ヘクター・ロンドン(27) 3年 投手 カブス

2015年
72試合 6勝4敗8ホールド30セーブ 防御率1.67 70.0投球回 69奪三振 WHIP1.00 xFIP3.03 fWAR1.6

通算成績
181試合 12勝9敗11ホールド59セーブ 防御率2.82 188.0投球回 176奪三振 WHIP1.14 xFIP3.36 fWAR2.9

ロンドン


 主な獲得候補選手としては、以下の選手が挙げられています。


アロルディス・チャップマン(27) 6年 投手 レッズ

2015年
65試合 4勝4敗33セーブ 防御率1.63 66.1投球回 116奪三振 WHIP1.15 xFIP2.49 fWAR2.5

通算成績
324試合 19勝20敗146セーブ 防御率2.17 319.0投球回 546奪三振 WHIP1.02 xFIP2.18 fWAR11.4

チャップマン


アンドルー・ミラー(30) 10年 投手 ヤンキース

2015年
60試合 3勝2敗36セーブ 防御率1.90 61.2投球回 100奪三振 WHIP0.86 xFIP2.06 fWAR2.0

通算成績
319試合 33勝40敗45ホールド37セーブ 防御率4.58 554.1投球回 590奪三振 WHIP1.48 xFIP3.85 fWAR6.9

ミラー


ケン・ジャイルズ(25) 2年 投手 フィリーズ

2015年
69試合 6勝3敗12ホールド15セーブ 防御率1.80 70.0投球回 87奪三振 WHIP1.20 xFIP3.05 fWAR2.0

通算成績
113試合 9勝4敗25ホールド16セーブ 防御率1.56 115.2投球回 151奪三振 WHIP1.04 xFIP2.65 fWAR3.7

ジャイルズ


 ローテーション候補のジョン・ラッキーを獲得するなど、着々と補強を進めているようです。

 生きのいい若手野手は豊富に揃っていますので、補強の可能性は十分あるのではないでしょうか。

 今季のストーブリーグは昨年に比べかなりスムーズに動いている印象です。
 今後の動向に注目しましょう。




「大谷が世界2位、藤浪が7位」将来のピーク時の防御率ランキング!!


J・サマージャ、ジャイアンツと5年110.8億円で契約合意!!岩隈・前田の処遇にも影響必至か

大谷翔平がメジャー行ってたらNPB終わってた件

D・プライスは”日給1045万円”を”7年間”Rソックスから貰えるという事実(海外の反応)

ホセ・アルトゥーベ .313 15本 66点 38盗塁 OPS.812

柳田悠岐ってなんであんな大振りで打率残せるの?


韓国代表ファン・ジェギュン、入札なくメジャー断念

「グレインキはお金(税金)が最優先」グレインキーのDバックス移籍に対する海外の反応(海外の反応)

王貞治内野手が深刻的スランプに陥ったシーズン成績


中日浅尾“死神の鎌”習得へ


【MLB】ホークス松田獲りが噂されるパドレス、今季開幕時の正三塁手を戦力外に


畠山和洋「おっ。川端と山田がテレビに出てるな」


【悲報】真中監督、また晒される

当サイト「MLB NEWS」では、現在記事作成のお手伝いをしていただける方を募集しております。
「自分の好きな選手について語りたい!」、「MLBについてもっと語りたい!」という方がおられましたら、↓のメールフォームなどでご連絡ください。
http://blog.livedoor.jp/i6469/archives/20860722.html


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote