今回の選手紹介はワシントン・ナショナルズの「マックス・シャーザー」選手です。

no title







マックス・シャーザー(31) 8年 投手 ナショナルズ

2008年
(ARI) 16試合 0勝4敗 防御率3.05 56.0投球回 66奪三振 WHIP1.23 xFIP3.16 fWAR1.1

2009年
(ARI) 30試合 9勝11敗 防御率4.12 170.1投球回 174奪三振 WHIP1.34 xFIP3.82 fWAR2.9

2010年
(DET) 31試合 12勝11敗 防御率3.50 195.2投球回 184奪三振 WHIP1.25 xFIP3.68 fWAR3.7

2011年
(DET) 33試合 15勝9敗 防御率4.43 195.0投球回 174奪三振 WHIP1.35 xFIP3.70 fWAR2.2

2012年
(DET) 32試合 16勝7敗 防御率3.74 187.2投球回 231奪三振 WHIP1.27 xFIP3.23 fWAR4.4

2013年
(DET) 32試合 21勝3敗 防御率2.90 214.1投球回 240奪三振 WHIP0.97 xFIP3.16 fWAR6.1

2014年
(DET) 33試合 18勝5敗 防御率3.15 220.1投球回 252奪三振 WHIP1.18 xFIP3.12 fWAR5.2

2015年
(WSH) 33試合 14勝12敗 防御率2.79 228.2投球回 276奪三振 WHIP0.92 xFIP2.88 fWAR6.4

通算成績
240試合 105勝62敗 防御率3.46 1468.0投球回 1597奪三振 WHIP1.17 xFIP3.34 fWAR32.0


【獲得タイトル】

サイ・ヤング賞:1回(2013年)
最多勝:2回(2013、2014年)
オールスターゲーム選出:3回(2013~2015年)
プレイヤーズ・チョイス・アワーズ優秀投手:1回(2013年)

シャーザー

 2006年にダイアモンドバックスからドラフト1巡目指名で入団。2009年のオフにタイガースへトレードで移籍します。


 移籍1年目の2010年に自身初の2けた勝利となる12勝をあげると、2013年には21勝3敗を記録し、最多勝とサイ・ヤング賞を受賞。翌14年にも18勝をあげ、2年連続で最多勝を獲得します。
 オフにFAとなり、ナショナルズに7年2億1000万ドルで移籍します。
 

 移籍初年度の今期は、6月20日のパイレーツ戦で自身初のノーヒットノーランを達成すると、10月3日のメッツ戦でも今期2度目となるノーヒットノーランを達成します。




 しかしシーズン全体を通してみると、防御率2.79、276奪三振とキャリアハイの数字を叩き出したものの、打線とかみ合わずキャリアワーストの12敗。
 チームも優勝候補の筆頭にあげられていたものの、まさかの地区2位。悔しいシーズンになりました。

 来季の優勝には投手陣の復調が必須。シャーザーにはエースとしてチームを引っ張ってもらいたいですね。




MLB人気動画ベスト10にイチローが4つ!!MLB公式サイトの今季人気動画ランキング!!

来年ヤンキースの優勝が決まってた件

ジョー・マウアー 通算.313 119本 755点 出.394 長.451 OPS.845

157.7km/hのチェンジアップを投げる投手が現れる


MLBの2番打者がNPB来たら

木村昇吾さんのテストに記者もぼー然


巨人阿部、15キロ痩せる!


上原浩治と大谷翔平の空振り率比較www

前田健太、ドジャースと5年96億円wwwwwww


【朗報】ブルージェイズがメジャーで一番人気だった


山田哲人と井口資仁どちらが上なのか

メジャーリーグで今一番守備うまいショート

マイク・トラウトの全本塁打動画!ダルビッシュからも4本、上原のサヨナラも!(海外の反応)

当サイト「MLB NEWS」では、現在記事作成のお手伝いをしていただける方を募集しております。
「自分の好きな選手について語りたい!」、「MLBについてもっと語りたい!」という方がおられましたら、↓のメールフォームなどでご連絡ください。
http://blog.livedoor.jp/i6469/archives/20860722.html


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote