今回の選手紹介はサンフランシスコ・ジャイアンツの「ジョニー・クエト」選手です。

no title








ジョニー・クエト(29) 8年 投手 ジャイアンツ

2008年
(CIN) 31試合 9勝14敗 防御率4.81 174.0投球回 158奪三振 WHIP1.41 xFIP4.31 fWAR1.5

2009年
(CIN) 30試合 11勝11敗 防御率4.41 171.1投球回 132奪三振 WHIP1.36 xFIP4.51 fWAR1.6

2010年
(CIN) 31試合 12勝7敗 防御率3.64 185.2投球回 138奪三振 WHIP1.28 xFIP4.09 fWAR2.6

2011年
(CIN) 24試合 9勝5敗 防御率2.31 156.0投球回 104奪三振 WHIP1.09 xFIP3.90 fWAR2.9

2012年
(CIN) 33試合 19勝9敗 防御率2.78 217.0投球回 170奪三振 WHIP1.17 xFIP3.65 fWAR4.7

2013年
(CIN) 11試合 5勝2敗 防御率2.82 60.2投球回 51奪三振 WHIP1.05 xFIP3.23 fWAR0.8

2014年
(CIN) 34試合 20勝9敗 防御率2.25 243.2投球回 242奪三振 WHIP0.96 xFIP3.21 fWAR4.6

2015年
(CIN・KC) 32試合 11勝13敗 防御率3.44 212.0投球回 176奪三振 WHIP1.13 xFIP3.78 fWAR4.1

通算成績
226試合 96勝70敗 防御率3.30 1420.1投球回 1171奪三振 WHIP1.18 xFIP3.85 fWAR22.8


【獲得タイトル】

最多奪三振:1回(2014年)
オールスターゲーム選出:1回(2014年)

クエト

 メジャーデビューはシンシナティ・レッズ時代の2008年。7回1失点10奪三振の好投で初勝利。1900年以降で球団史上初となるデビュー戦で2桁奪三振を達成します。
 その後も順調に好投を続け、怪我さえしなければ毎年優秀な成績を残しています。

 特に2014年は開幕から好投を続け、自身初のオールスター選出。初タイトルとなる奪三振王にも輝きました。
 

 今期はシーズン途中の7月にカンザスシティ・ロイヤルズにトレードされました。
プレーオフ争いをするチームの先発ローテーションに入ったのですが、防御率4.76・4勝7敗とプレーで貢献することはできませんでした。
 しかしチームは順調に勝ち星を積み重ね、ワールドチャンピオンに輝きました。

 今オフにFAとなっており、去就が注目されていましたが、サンフランシスコ・ジャイアンツと6年156.7億円で契約しました。
 来季は自身の活躍でチームを優勝へ導きたいところです。


前田健太、最大8年の大型契約でドジャースと合意!!

バリー・ボンズがMLBに残した記録一覧wwwwwwwwww

MAJOR日本代表チームの本戦成績wwwwww

MLB史上最強投手 スティーブン・ストラスバーグwwwwwww

大谷翔平「田中正義とライアン小川は似た雰囲気」


チャップマンを打てそうなNPB選手と言えば?


山本昌(65)「お父さんはな、お前が生まれる半年前までプロ野球選手だったんだぞ」


V・マルティネス 通算.302 200本 991点 出.367 長.467 OPS.834【選手紹介】


【戦力外通告まとめ】ロッテ矢地、結婚式の2ヶ月前にクビを宣告される・・・


【阪神】藤浪、日本一どうでもいいタイトルを獲得する

ティム・リンスカム 108勝83敗 防3.61 1643.2回 1704三振 WHIP1.27【選手紹介】


大谷翔平の打順別ストレート球速wwwwww


田中将大さん、来季打たれそう

当サイト「MLB NEWS」では、現在記事作成のお手伝いをしていただける方を募集しております。
「自分の好きな選手について語りたい!」、「MLBについてもっと語りたい!」という方がおられましたら、↓のメールフォームなどでご連絡ください。
http://blog.livedoor.jp/i6469/archives/20860722.html


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote