FIPとは・・・

 守備の影響を除外して投手を評価する、DIPS指標の1つ。
 フィールド・インディペンデント・ピッチング(Field Independent Pitching)の略。

 トム・タンゴが提唱した指標で、本塁打、奪三振と与四球のみで計算する。通算のFIPは防御率と近い値になる傾向にあり、防御率より安定度が高い。
 米ファングラフスが算出する投手のWARは、防御率よりFIPを重視している。


 例えば2アウト後、<安打-安打-本塁打-アウト>の順だった場合、3失点となる。しかし、<本塁打-安打-安打-アウト>だった場合は、1失点。
 結果として防御率は異なるが、FIPでは投手の成績は同一となる。
つまり、4人のバッターとの対戦は、全て独立したもの、と考えるわけだ。


 もちろんFIPだけでピッチャーの力量が示せるわけではない。しかし、簡易な計算式ながら、高い正確性を持っている。

 そしてFIPは防御率とほぼ近い感覚の数値になるように補正される。FIPが3.15だった場合は、防御率も概ね3.15だとイメージできる。難点は、長い期間の記録を扱った場合、防御率とほぼ近い値になってしまうことだ。

年により平均防御率が変動するように、FIPも毎年変動するが、1901年から現在までの目安は下記の通りである。


2.90 非常に良い
3.20 良い
3.50 平均以上 
3.80 平均的
4.10 平均以下
4.40 悪い
4.70 非常に悪い


参考:
https://ja.wikipedia.org/wiki/DIPS_(野球)#FIP
http://www.fangraphs.com/library/pitching/fip/

計算式:
https://upload.wikimedia.org/math/e/1/f/e1f406817bd470ef5e77b979b7aacf8f.png

no title






https://www.reddit.com/r/baseball/comments/3yo9vq/just_to_give_an_idea_of_how_special_kershaw_is/

<海外の反応>

「誰かカーショウのこの記録がいかに凄いのか教えて-”1930年以降の先発投手の中でFIPが最低”」

kershaw fip
http://www.fangraphs.com/leaders.aspx?pos=all&stats=pit&lg=all&qual=y&type=8&season=2015&month=0&season1=1930&ind=0&team=0&rost=0&age=0&filter=&players=0&sort=17,a



救援投手を除いて、年度の補正をすると・・・
FIP-(平均を100とした数値)は、ペドロ・マルティネスと並んで1位!
 (エンジェルス・ファン)

kershaw pedoro
http://www.fangraphs.com/leaders.aspx?pos=all&stats=sta&lg=all&qual=y&type=1&season=2015&month=0&season1=1930&ind=0&team=0&rost=0&age=0&filter=&players=0&sort=15,a


→ありがとう。
どうしてペドロのFIP順位が低いのかわからなかった。
 (スレ主)


→ペドロが試合数の半分を、どこの球場で投げていたのかを思い出さないとね。
オーマイゴー、ペドロはヤバい。
 (レッドソックス・ファン)


→しかもペドロは、衰えた後の数字込みだ。
カーショウはまだその分が入っていない。

ペドロの1999年から2001年のFIP-は、31、48、そして38だ。
言い換えれば、3年連続で少なくとも平均の投手の2倍以上優れていた、ということ。
代替可能選手でなく、平均との比較だからね。
 (レッドソックス・ファン)


→ペドロとカーショウの数値がいいのはわかるけど、3位と4位にハーヴィーとデグロムが入ってたのにはびっくりした。
 (メッツ・ファン)


→まだ成績の良かった年しかないから。
 (エンジェルス・ファン)


→でもセール、シャーザー、ウェインライト、バムガーナー、プライスとか、まだ衰えの始まっていない良い投手は他にいっぱいいるよ。
 (メッツ・ファン)


→まあバムガーナーに限ってはハーヴィーより若いし、イマイチの年もあった。
FIPは万能ではないよ。
 (ジャイアンツ・ファン)


→カーショウは球場の恩恵が大きい。
 (インディアンズ・ファン)


→今はそうでもない。
 (ドジャース・ファン)


→2015年は5番目に投手にやさしい球場、とされてる。
 (インディアンズ・ファン)



トップ20のうち、8人が現役で、しかも28歳以下。
何たる時代だ!
 (メッツ・ファン)



カーショウはまだ衰えて始めていないから、ペドロがまだトップ。
 (エクスポズ・ファン)


→ペドロはすごいけど、カーショウはまだ成長している感もある。
ランディ・ジョンソンやクリフ・リーのように年を取るかもしれない。
衰え始めるのは、あと4~5年後だろうか。
 (スレ主)


→あと7~8年後かもしれない。
 (エクスポズ・ファン)



誰か、FIPについて解説して!


→ファングラフスにあるよ。
 (スレ主)

http://cdn.fangraphs.com/library/wp-content/uploads/2010/02/FIP-Flash-Card-7-11-15-e1436629435119.png


→計算式ってもっと複雑なのかと思ってた。
 (カージナルス・ファン)


→FIPはセイバーメトリクスですらない。
 (ジャイアンツ・ファン)



話は違うけど、クレイグ・キンブレルのほうが、チャップマンより数値がいい。
今日一番のうれしいニュース。
 (レッドソックス・ファン)



投球回数を1,000イニング以上に限定すると、トップ10のうち7人が1980年以降にデビューした投手になる。
トップ20にすると、実に16人だ。
三振率の高低がFIPにずいぶん影響を与えている気がする。
 (ドジャース・ファン)


→自分もそう思った。
しかし、審判の判定までは考慮に入れられないから。
 (スレ主)


→DIPSが現代の選手に限定されるのはそこだね。
戦前は守備も投球も、スタイルが今とはあまりにも違う。
昔の選手の数値を比べる時、ファングラフスのWARよりベースボール・リファレンスのWARのほうがよく使われるのはそのためだろう。




オリ時代のイチローって143試合換算したら231安打になるんやな


中島裕之がプロ入りまでショート経験なかったという事実


MLBで一番魅力ないチームってどこよ?

MLB球団がある都市で治安が良いのってどこなのか


日本人選手がMLBで打ったHRをWPAで比べてみた


中村紀洋さん「もうオファーはかからないでしょう」

MLB選手会“マエケン契約”に異議「なぜ認めた」


ブルージェイズ、J.バティスタ&E.エンカーナシオンと長期の契約延長か


SB柳田悠岐の肉体wwwwwwwwwwwwwww


シーズン120打点した日本人選手wwwwwww


【朗報】侍ジャパン小久保監督 WBCに大リーガー招集へ

NPB全球団の史上最高の"5選手"が決定『レジェンズ5』


イチローの同僚、M.オズーナの放出を新監督が反対!!ポテンシャルを評価

当サイト「MLB NEWS」では、現在記事作成のお手伝いをしていただける方を募集しております。
「自分の好きな選手について語りたい!」、「MLBについてもっと語りたい!」という方がおられましたら、↓のメールフォームなどでご連絡ください。
http://blog.livedoor.jp/i6469/archives/20860722.html


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote