今回の選手紹介はボルティモア・オリオールズの「クリス・デービス」選手です。

no title







クリス・デービス(29) 8年 一塁手 オリオールズ FA(1年1200万ドル)

2008年
(TEX) 80試合 打率.285 17本塁打 55打点 1盗塁(2盗塁死) 出塁率.331 長打率.549 OPS.880 DRS- 1(一) DRS-8(三) UZR-1.3(一) UZR-6.1(三) fWAR0.8

2009年
(TEX) 113試合 打率.238 21本塁打 59打点 0盗塁(0盗塁死) 出塁率.284 長打率.442 OPS.726  DRS-3 UZR-1.4 fWAR-0.6

2010年
(TEX) 45試合 打率.192 1本塁打 4打点 3盗塁(0盗塁死) 出塁率.279 長打率.292 OPS.571 DRS2  UZR0.5 fWAR-0.7

2011年
(TEX・BAL) 59試合 打率.266 5本塁打 19打点 1盗塁(0盗塁死) 出塁率.305 長打率.402 OPS.707  DRS-2(一) DRS-3(三) UZR-2.8(一) UZR-3.9(三) fWAR-0.5

2012年
(BAL) 139試合 打率.270 33本塁打 85打点 2盗塁(3盗塁死) 出塁率.326 長打率.501 OPS.827  DRS-4(一) DRS-1(外) UZR0.6(一) UZR-0.1(外) fWAR2.1

2013年
(BAL) 160試合 打率.286 53本塁打 138打点 4盗塁(1盗塁死) 出塁率.370 長打率.634 OPS1.004  DRS-7 UZR-1.2 fWAR7.0

2014年
(BAL) 127試合 打率.196 26本塁打 72打点 2盗塁(1盗塁死) 出塁率.300 長打率.404 OPS.704  DRS8 UZR2.6 fWAR0.8

2015年
(BAL) 160試合 打率.262 47本塁打 117打点 2盗塁(3盗塁死) 出塁率.361 長打率.562 OPS.923  DRS4(一) DRS-3(外) UZR3.7(一) UZR2.6(外) fWAR5.6


通算成績
883試合 打率.255(3127-797) 203本塁打 549打点 360四死球 15盗塁(10盗塁死) 出塁率.330 長打 率.506 OPS.835 DRS-3 UZR0.7 fWAR14.5


【獲得タイトル】

本塁打王:2回(2013、2015年)
打点王:1回(2013年)
シルバースラッガー賞(一塁手部門):1回(2013年)
オールスターゲーム選出:1回(2013年)

デービス

 2度の本塁打王を獲得するなど、メジャーでも屈指のパワーヒッターです。

 2004年にヤンキースからドラフト50位、2005年にエンゼルスから35巡目指名を受けるもいずれも拒否。2006年にレンジャーズからドラフト5位で指名を受け、やっとプロ入りしました。


 メジャーデビューは2006年。
80試合に出場して打率.285、17本塁打、55打点、OPS.880の好成績を残しました。しかし翌年は21本塁打を放ったものの、メジャー史上最速の219打席目で100三振を記録するなどいまいちの成績でした。

 その後はメジャーで目立った成績を残すことができず、2011年シーズン途中にボルティモア・オリオールズにトレードで移籍します。


 すると翌年の2012年には打率.270 33本塁打 85打点の好成績で復活をはたします。

 さらに翌年の2013年には、前半戦だけで37本塁打を放つ大活躍でオールスターに選出。最終的には
53本塁打、138打点でアメリカン・リーグの本塁打王、打点王の二冠のタイトルを獲得しました。




 しかし、翌年の2014年に禁止薬物の陽性反応が出てしまい、25試合の出場停止処分を受けました。すると成績が一気に下落。規定打席に到達したものの、打率.196と大不振。一気に印象が悪くなってりましました。

 迎えた昨シーズンは開幕から好調。160試合に出場し、打率.262・47本塁打・117打点・OPS.923の成績で、自身二度目の本塁打王にも輝きました。それに相まって守備力も向上しました。





 今オフFAとなっており去就が注目されていましたが、オリオールズと”7年総額188億円”で再契約をしました。
 この大型契約はかなり不安が残りますが、今後の活躍にも期待しましょう。



米ファン「3年前ダルビッシュに”違法賭博に興味はないか”といわれた」(海外の反応)

イチローとルー・ゲーリッグしか持っていない記録とは?MLBのユニークな記録をご紹介!(海外の反応)


日本の野球ゲーム”98甲子園”が外国人をヒイヒイ言わせてる件(海外の反応)


全盛期のB・ボンズが今いたら年俸はおいくらになる?(海外の反応)

アメリカのバッティングセンターの解放感wwwwwwwww

松田宣浩が語るメジャー断念、ソフト残留の真相

田沢純一がRソックスと調停回避!!約3.9億円で契約合意!!

松井秀、松井嫁、イチロー、古田←この中で

【速報】川崎宗則、今シーズンでMLBは終了!!今オフに日本球界復帰

MLBが現役No1ショートにF.リンドーアを選出!インディアンズで堅守+3割の22歳!(海外の反応)

MLBの現役クローザーといえは??


MILのジョナサン・ルクロイ「自分はトレードされるべき」

広島97 黒田博樹(22) 6勝9敗 135回 64三振 4.40 先発23 完投4 完封1

当サイト「MLB NEWS」では、現在記事作成のお手伝いをしていただける方を募集しております。
「自分の好きな選手について語りたい!」、「MLBについてもっと語りたい!」という方がおられましたら、↓のメールフォームなどでご連絡ください。
http://blog.livedoor.jp/i6469/archives/20860722.html


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote