今回の選手紹介はボストン・レッドソックスの「ダスティン・ペドロイア」選手です。

no title







ダスティン・ペドロイア(32) 10年 二塁手 レッドソックス

2006年
(BOS) 31試合 打率.191 2本塁打 7打点 0盗塁(1盗塁死) 出塁率.258 長打率.303 OPS.561 DRS-1 UZR-3.0 fWAR-1.0

2007年
(BOS) 139試合 打率.317 8本塁打 50打点 7盗塁(1盗塁死) 出塁率.380 長打率.442 OPS.823 DRS2 UZR3.4 fWAR3.7

2008年
(BOS) 157試合 打率.326 17本塁打 83打点 20盗塁(1盗塁死) 出塁率.376 長打率.493 OPS.869 DRS13 UZR9.7 fWAR6.3

2009年
(BOS) 154試合 打率.296 15本塁打 72打点 20盗塁(8盗塁死) 出塁率.371 長打率.447 OPS.819 DRS14 UZR8.4 fWAR4.6

2010年
(BOS) 75試合 打率.288 12本塁打 41打点 9盗塁(1盗塁死) 出塁率.367 長打率.493 OPS.860 DRS5 UZR4.4 fWAR3.2

2011年
(BOS) 159試合 打率.307 21本塁打 91打点 26盗塁(8盗塁死) 出塁率.387 長打率.474 OPS.861 DRS18 UZR18.1 fWAR7.8

2012年
(BOS) 141試合 打率.290 15本塁打 65打点 20盗塁(6盗塁死) 出塁率.347 長打率.449 OPS.797 DRS11 UZR9.9 fWAR4.5

2013年
(BOS) 160試合 打率.301 9本塁打 84打点 17盗塁(5盗塁死) 出塁率.372 長打率.415 OPS.787 DRS15 UZR10.9 fWAR5.2

2014年
(BOS) 135試合 打率.278 7本塁打 53打点 6盗塁(6盗塁死) 出塁率.337 長打率.376 OPS.712 DRS17 UZR18.3 fWAR4.1

2015年
(BOS) 93試合 打率.291 12本塁打 42打点 2盗塁(2盗塁死) 出塁率.356 長打率.441 OPS.797 DRS-3 UZR2.1 fWAR2.5

通算成績
1244試合 打率.299(4961-1482) 118本塁打 588打点 546四死球 127盗塁(39盗塁死) 出塁率.365 長打率.444 OPS.809 DRS91 UZR82.3 fWAR41.1


【獲得タイトル】

ア・リーグMVP:1回(2008年)
ア・リーグ新人王:2007年
ゴールドグラブ賞:2008、2011、2013年
フィールディング・バイブル・アワード:2回(2011、2013年)
シルバースラッガー賞:1回(2008年)
オールスターゲーム選出:4回(2008~2010、2013年)
プレイヤーズ・チョイス・アワーズ優秀新人:2007年
ハート&ハッスル賞:1回(2013年)

ペドロイア

 公証175cm(実際は170cm?)と小柄ながらも、広い守備範囲と確実なフィールディングを武器にレッドソックスのセカンドを守っています。
 打撃でもパンチ力を見せています。


 2004年に2巡目で指名を受け、2006年にメジャー昇格。デビュー時は遊撃手としてプレーしていました。この年は目立った成績は残せませんでしたが、主力の放出に合わせて2007年に二塁手のレギュラーとして開幕。
すると139試合の出場で、打率.317・8本塁打・50打点・OPS.823の好成績を残し、アメリカンリーグの新人王に輝きました。

 この年のレッドソックスはワールドシリーズを制覇し、ペドロイアも貴重なホームランを打つなど活躍を見せました。






 続く2008年は、ジョー・マウアーとの首位打者争いにわずか2厘差で敗れるも、
157試合で打率.326・17本塁打・83打点・20盗塁・OPS.869の成績でシルバースラッガー賞を受賞。118得点・213安打・54二塁打はリーグ1位を記録しました。

 さらに
DRS13・UZR9.7の好指標を残すなどゴールドグラブ賞を獲得した上、アメリカンリーグMVPも獲得しました。新人王の翌年にMVPを獲得するのはカル・リプケン、ライアン・ハワード以来3人目の記録です。

 オフにはレッドソックスと”6年4050万ドル”で契約延長しました。

no title


 2009年も好成績を残して迎えた2010年。自打球の影響でわずか75試合の出場に留まり、悔しいシーズンを過ごします。

 しかし翌年の2011年には159試合で打率.307・21本塁打・91打点・26盗塁・OPS861とキャリアハイの数字を叩き出します。 
 守備でも3年ぶり2回目のゴールドグラブ賞を獲得します。




 2013年には3年ぶりにオールスターに選出し、シーズン途中にレッドソックスと”8年1億1000万ドル”で契約合意。
 この年はチーム最多の160試合に出場し、打率.301・9本塁打・84打点・17盗塁を記録。2年ぶり3回目のゴールドグラブ賞を獲得。
 さらに自身2度目となるワールドシリーズ制覇を成し遂げました。




 2014年には球団史上2人目となるレッドソックス在籍中に”100号&100盗塁”に達成。2年連続でゴールドグラブ賞を獲得するものの、9月に左手首の手術で離脱を余儀なくされました。

 昨シーズンもその影響があってかはわかりませんが93試合の出場に留まりました。打撃では打率.291・12本塁打・42打点とまずまずの成績を残しますが、守備で
DRS-3 UZR2.1とゴールドグラブ賞を初受賞してからはワーストの成績でした。




 今オフ大補強で勝負にでているレッドソックス。遊撃手には若いX・ボガーツが出てきており、ペドロイアが復活すればMLB屈指の二遊間になるでしょう。

 H・ラミレス、P・サンドバルと共に復活に期待しましょう。




【速報】清原和博、覚せい剤取締法違反で逮捕・・・


清原容疑者「覚せい剤は私のものに間違いありません」 0・1グラム所持の疑い 

大谷翔平、“MLBレジェンド守護神”トレバー・ホフマンとタッグ!!

オコエ瑠偉、フリー打撃でポップフライ連発ノックも駄目


メジャーの若手野手が化け物揃いwwwwwwwwww


長嶋茂雄、王貞治、野村克也、小鶴誠、榎本喜八が現代野球でプレーしたら


ツインズのジョー・マウアー、捕手復帰の可能性が消滅・・・GMが明言


落合政権の中日8年間で規定打席到達し続けた打者一覧wwwwww

松坂大輔、初日からブルペンで直球50球 ←どうだった?


【朗報】斎藤佑樹さん、投手陣の先頭を歩く


【悲報】ヤンキースのグレッグ・バード、今期絶望

オコエ瑠偉のスイングwwwwwwwwwwww


イチローが深刻なスランプを感じてた年wwwwwwwwwww

当サイト「MLB NEWS」では、現在記事作成のお手伝いをしていただける方を募集しております。
「自分の好きな選手について語りたい!」、「MLBについてもっと語りたい!」という方がおられましたら、↓のメールフォームなどでご連絡ください。
http://blog.livedoor.jp/i6469/archives/20860722.html


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote