メジャーリーグでのドラフトは、前年の成績で勝率が低かったチームから選手を指名し、交渉権を獲得できるウェーバー方式を採用している。しかし、米ス ポーツ専門サイト『SPORTING NEWS』は現地17日、このようなドラフト制度を改め、日本のプロ野球で行われているような、くじ引きでの抽選が含まれるドラフトを導入してみてはと、 提案している。

 21世紀に入ってからのドラフトを見ても、現在メジャー最高の選手との呼び声も高いマイク・トラウト外野手(エンゼルス)が全体25位、サイ・ヤング賞 3度の好投手クレイトン・カーショー投手(ドジャース)は全体7位と、全体1位指名を受けていないトッププレーヤーは、多く存在する。

 そのため、戦力均衡という点でも、ウェーバー方式が機能していないと、同サイトは見ているようだ。

記事全文はこちら
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160218-00000214-ism-base

no title







 現在、MLBではドラフト制度の見直しが検討されています。その一番の理由は、現在のウェイバー制度だとドラフト上位指名権を狙ってわざと負けている可能性が否定できないからです。
 またMLBの場合、MFLやNBAほど上位指名の選手の活躍する確率が高くないこともあげられています。

 またくじ引き制度になることで、ドラフトの注目度が上がることもメリットの一つとされています。

 くじ引きドラフト以外にも”ロッタリー制度”が注目されています。
近い将来、ドラフト制度の変更があるかもしれませんね。

 実際、プロバスケットボールのNBAでは勝てないようなチーム構成を行い、ドラフト上位指名権を得る「タンキング」が見られる。同リーグはこの「タンキ ング」を極力防ぐため、1巡目の上位3位までに限り、プレーオフに出場できなかった14チームの抽選(ロッタリー)で指名順位を決めている。

 NBA以外にプロアイスホッケーのNHLもこのロッタリー制度を導入しているが、大リーグの選手会専務理事を務めるトニー・クラーク氏(43)は先週、 メディアから同制度について問われ、「有益となり得るもの」とコメント。さらに、「そうした制度以外にも、戦力均衡のためにはどんなものでも目を向ける」 と続けており、ドラフトの制度改革に前向きな姿勢を示していた。

記事全文はこちら
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160216-00000090-spnannex-base


ノーヒッター7回のN・ライアンは7回以降に24回もノーヒッターを阻止されている(海外の反応)

田中将大が年俸告白「7年で160億円」、ノムさんも飛び入り出演

マイク・トラウト(21).326 30本 83打点 49盗塁

イチロー、マーリンズでユニホーム売り上げトップ!!サムソン社長「世界中のヒーロー」

山田哲人 180cm72kg 筒香嘉智 184cm100kg ←これ

1985年のランディ・バースwwwwwwwwwwww

今年の大谷翔平は15-15をやらかすと思うんやが


松井秀喜ってメジャーで31本打ってるけど


球速140km/hてどれくらい凄いんや?


鳥谷敬(13年目)、2000本安打まであと234本

マエケンに冷めた期待 防御率3.20で球団満足?


米全国紙のMLBペナント予測が大胆すぎる、と話題に(海外の反応)


イチローが本塁打2位になった年のパ・リーグひどすぎるやろ

当サイト「MLB NEWS」では、現在記事作成のお手伝いをしていただける方を募集しております。
「自分の好きな選手について語りたい!」、「MLBについてもっと語りたい!」という方がおられましたら、↓のメールフォームなどでご連絡ください。
http://blog.livedoor.jp/i6469/archives/20860722.html


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote