<記事要約>

「バーネットの大切な日本での思い出」

32歳の右腕投手がヤクルト・スワローズでの6シーズンを振り返る。


https://twitter.com/HeyBarn
(トニー・バーネット投手のツイッター)

no title







http://m.rangers.mlb.com/news/article/165558384/rangers-barnette-cherishes-memories-of-japan

トニー・バーネットは2010年のシーズンを東京ヤクルト・スワローズの6番目の先発投手として迎えた。
最初の対戦相手は横浜ベイスターズだった。


「耳が壊れるかと思ったよ」バーネットは語った。
「スタジアムは満員で、全員が歌を歌い、楽器が吹かれ太鼓が叩かれる。それも試合が始まってから、照明が落ちるまでずっとね。
石で殴りつけられたようだった。
”こりゃスゴイや”って思ったよ。プレーオフのような雰囲気だった。まだシーズンが始まって6試合目だったけど」


バーネットは声援に答えた。7回を無安打に抑え、1-0での勝利に貢献したのだ。


こうして米国出身投手の外国での6年間が始まった。
日本には独特の野球文化があり、馴染めずに終わる選手も多い。バーネットはスワローズに在籍した6年間、その雰囲気を存分に楽しんだ。


「いい経験だった。雰囲気も人々も最高だった」バーネットは語った。
「6年間、色々なものを見たよ。もっと観光ができればよかったとも思っている。お気に入りは鎌倉の大仏かな。
でも、どこの田舎町に行っても、何かがあった。仏像やら古い建物やらね。思ってもみなかったものもあった」


「日本人たちは皆親切で、サービスもよかった。何とかしてもてなそう、と思ってるんだ。
思い出すのは、妻と八百屋に行った時、娘が急に泣き出してしまった時のこと。男の人が来て、小さいおもちゃをくれたよ」


no title



もちろん、バーネットは既に寿司が恋しくなっている。



「この間、夜に妻と何か食べよう、と車で走っていた時、”ここが東京だったらなあ”と言ってしまったよ」
バーネットは語った。
「アリゾナではさすがにスシは食べられない。
別にグルメというわけじゃないからね。
でも日本にあまりにも長くいたんで、自分の一部になってしまってるんだね。
思い返すと、日本は最高だった」


バーネットは普通の投手プロスペクトとしてキャリアをスタートした。
2006年のドラフト10巡目でダイヤモンドバックスに指名され、3年半をファームで過ごした。
2009年はトリプルA・レノで29試合に先発し、14勝8敗、防御率は5.79だった。
その後ルール5・ドラフトに掛けられたが、獲得する球団はなかった。


その時、スワローズが獲得に乗り出した。


「ダイヤモンドバックスは、残りたいなら残っていい、と言ってくれた。
でも、家族やコーチたちと相談して、結局日本に行くことに決めたんだ」


バーネットは2010年、スワローズで15回先発と1回救援で登板し、4勝5敗、防御率は5.99だった。
シーズン後、一度解雇されたが、しばらくして別の契約を提示された。
バーネットは翌2011年にブルペンに移り、飛躍した。
2012年と2015年はセントラル・リーグのセーブ王に輝き、特に昨年はチームを日本シリーズへと導いた。


「最初の年は不完全燃焼だった」
バーネットは語った。
「実力はこんなものではないのに、と思っていたよ。
もっとやれる、というところを見せたかった」


日本での生活そのものがうまくいき始め、それがグラウンドの成績にも反映されるようになったという。


「かなり快適、くらいまでになったんだ」
バーネットは語った。
「最初の年は苦しんだよ。
苦しんだまま終わってしまう選手もいる。
野球のスタイルにも日本での生活にもね。
もちろん言葉の壁もある。
孤立して、自分の全ての力を出せなくなってしまうんだ」


バーネットのスワローズでの最後のシーズンは、3勝1敗41セーブ、防御率1.29だった。
自分の力を出し切ったのを見届け、メジャーリーグへ復帰の道を模索することにした。


「今しかなかった」
バーネットは語った。
「まだ32歳でエネルギーは十分だし、メジャーでやれるチャンスがきた。
MLBは最高のバッターが揃ってる。
自分がそのレベルにないと思っていたら、いられる場所ではないよ」


「でも日本で野球をするのは楽しかったね」




<海外の反応>


そんなに日本がいいなら、戻ってくることもなかったのに。


ベイ・ソックスってなんだ。ベイ・スターズだろ。
あと、鎌倉の大仏はすごいよ。見る価値がある。
(※原文はBay Soxになっていました)


バーネットは中継ぎかな。
ウィルヘルムセンやフォークナーとあわせて、6~7回を任せられるといいね。


→中継ぎはホランドでいいよ。
プレッシャーに弱いから。


→ホランドの防御率って4.9くらい(※先発10試合、4勝3敗)?
もうあまり活躍は期待できない。



石井一久、清原逮捕にも「悔しいとか悲しいとかはあまりない」


MLB現役通算打率1位、イチローじゃない

ダルの同僚A・ベルトレイ(36)が13年契約を希望?(海外の反応)


全投球の95%が速球!!「速球しか投げない投手」を補強したロッキーズの新たな実験


ティム・リンスカムさん契約が決まらない

日本人で最速160km出す大谷と140kmの速球でMLBの打者から三振が奪える上原


ダルビッシュ有(196cm 107kg)「デブじゃない!筋肉だって!」

前田健太さんの「メジャーで活躍しそう」感


【悲報】ダルビッシュ有、一般人とのレスバトルに敗北

侍ジャパン強化試合の台湾先発、ワンイーゼンwwwww


呉昇桓「さよなら言えず…」阪神ファンに謝罪

イチロー3000安打への思い「そりゃあるよ」 外野の4番手…辛抱も覚悟


B・ハーパーの成長曲線がミッキー・マントルと酷似しすぎな件(海外の反応)

当サイト「MLB NEWS」では、現在記事作成のお手伝いをしていただける方を募集しております。
「自分の好きな選手について語りたい!」、「MLBについてもっと語りたい!」という方がおられましたら、↓のメールフォームなどでご連絡ください。
http://blog.livedoor.jp/i6469/archives/20860722.html


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote