以下翻訳



アリーグ東部地区

デービッド・プライスの獲得、リリーフの補強がレッドソックス優勝の予想の理由です。
復活してくるであろうハンリー・ラミレス、パブロ・サンドバル、クレイ・バックホルツ、リック・ポーセロからMVP候補のムーキー・ベッツまで、ロースターには素晴らしい選手が揃っています。マイナーの先発と外野手の層は羨ましいほど
厚く、さらにその勢いを加速させるでしょう。
だからと言って、私達がディフェンディングチャンピオンであるブルージェイズを忘れているわけではありません。ただブルージェイズは勢いづいてはおらず、メジャー最強打線の6人が30歳〜35歳となっています。
幾度となく私達を驚かしてきたレイズが再び私達を驚かすかもしれません。彼らは謎のチームであり、それゆえ75勝すると予想する人もいれば95勝すると予想する人もいます。去年はローテーションも良かったですので、予想は間をとり84勝。
ヤンキースを嫌う理由はありません。どうして去年より4勝減っているのか⁈それは今年41歳のアレックス・ロドリゲス、39歳のカルロス・ベルトランが52本も昨年ホームランを放ちましたがそれはあまり期待できないでしょうし、ローテーションには多くの時限爆弾があるからです。
オリオールズには162試合でホームラン35本OPS.861のマニー・マチャドがいますが、ロースター全体として弱体化しました。ミゲル・ゴンザレスもFIP5.01と散々な結果でした。


 

アリーグ中部地区

どのチームもプレーオフに進む可能性が充分にあり、予想する人にとっては地獄の中部地区にようこそ。5チームすべての力が拮抗しています。私達は奇妙なことが起こる気がしてホワイトソックスが90勝すると予想しました。ホワイトソックスファンすべての人がトッド・フレイジャーの獲得を
喜び、彼のボールがセルラーフィールドのスタンドに入ることを心待ちにしています。クリス・セール、ホセ・キンタナに加え、ルーキーとして昨年139と1/3イニングを投げて、139奪三振を奪ったカルロス・ロドンにも期待できます。ロイヤルズも無視できませんが、ただもう1度となるととても難しいでしょう。資金力は中規模の球団であり、層が薄いようにも見えます。もし彼らが私達が間違えていることを示すことになると、優勝の行方はとても面白くなるでしょう。近年良くなりつつあるインディアンズ、2018年頃には有望な若手が活躍しているでしょう。2016年は?まだ少し早いような気がします。ジャスティン・アップトンを獲得したタイガースですがアニバル・サンチェス、ダニエル・ノリス、マイク・ペルフリーの裏ローテと層の薄さ心配です。ツインズには謝りますが、もしもミゲル・サノーがMVP、ホセ・バリオスが新人王を獲得してもこの順位でしょう。

ダルビッシュ、斎藤佑樹とガチで不仲だった

白鵬が衰えてもクソ強い件について

清原の上半身入れ墨昇り竜wwwwwwww

巨人、日大がスポンサーに 大学との契約は初めて

川崎宗則、オープン戦成績がヤバイ

筒香が双子の弟という事実

高橋監督「大田、お前には野球人生を賭けてシーズンに挑んで欲しい」大田「嫌です!」

じゃあもう逆に巨人阿部の痛くないところってどこだよ

【センバツ】 創志学園のチアリーディングwwww

【画像】藤浪と篠原信一のツーショットwww

【悲報】ミスド、100円セール廃止へ


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote