no title



http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1560263259/
1: 2019/06/11(火) 23:27:39.98 ID:EZ0wNQYTa

やばすぎやろ

2: 2019/06/11(火) 23:28:04.22 ID:9UYBpkkl0

ロボトミー定期

4: 2019/06/11(火) 23:28:09.83 ID:H5KnxiTQ0

最初に治ったやつが悪い

8: 2019/06/11(火) 23:28:34.54 ID:zrwPHCRv0

>>4
言うほど治ってない定期

331: 2019/06/11(火) 23:56:08.10 ID:qfdC7leH0

>>8
大人しくなったで

620: 2019/06/12(水) 00:18:15.30 ID:h6xCEXmKd

>>4
おとなしい廃人になっただけなんだよなぁ

6: 2019/06/11(火) 23:28:20.25 ID:BWx3Ke3h0

一応効果はあった模様

14: 2019/06/11(火) 23:29:10.57 ID:eVtgNdIj0

なんで死なんのや?

33: 2019/06/11(火) 23:30:31.81 ID:BWx3Ke3h0

>>14
生命維持の機能は中心部にある脳幹で担ってるんやろ
グリグリは前頭葉だけやから脳幹はセーフ

82: 2019/06/11(火) 23:33:52.66 ID:4KwfAqTwd

>>33
いうほどセーフか?

16: 2019/06/11(火) 23:29:12.83 ID:oW5cTg1/0

どういう流れで思い付いたんやっけ

22: 2019/06/11(火) 23:29:34.04 ID:EZ0wNQYTa

>>16
もともとチンパンジーで実験してなんやようわからんけどうまく行ったから

35: 2019/06/11(火) 23:30:37.73 ID:L7zobdPL0

切り取るのはNGやけど脳への電気ショックは今でも行われる模様

712: 2019/06/12(水) 00:24:44.20 ID:/IVwbDJ30

>>35
並列に語られること多いけど、電気けいれん療法は安全で治療成績も高いぞ

薬剤承認が遅い日本では海外よりも必要やねん

39: 2019/06/11(火) 23:30:57.83 ID:Ks5Zs7hx0

まあ治し方分からんなら

精神や脳に関わる疾患なら脳に働きかければ治るかもって発想の
極端なとことして思い浮かんでしまうのはある程度仕方ない

40: 2019/06/11(火) 23:31:03.13 ID:R4p890NXa

発想の着地点としては理解出来なくもない

47: 2019/06/11(火) 23:31:30.69 ID:F7if8KPo0

ロボトミー殺人事件

51: 2019/06/11(火) 23:31:53.68 ID:GoynxE9f0

精神疾患に対して外科的なアプローチ否定するのは意味わからんな

55: 2019/06/11(火) 23:32:10.70 ID:9bfNhZ4ga

前頭葉の持つ実行機能 (executive function) と呼ばれる能力は、現在の行動によって生じる未来における結果の認知や、より良い行動の選択、許容され難い社会的応答の無効化と抑圧、物事の類似点や相違点の判断に関する能力と関係しているんやで
前頭葉は、課題に基づかない長期記憶の保持における重要な役割も担っている。それらはしばしば大脳辺縁系からの入力に由来する情動と関連付けられた記憶である。前頭葉は社会的に好ましい規範に適合するようにこのような情動を調整するんや

75: 2019/06/11(火) 23:33:38.68 ID:g0kBX3eA0

>>55
はえ~

79: 2019/06/11(火) 23:33:41.86 ID:McFb+qXz0

精神外科ってこれで無くなったけど、やっぱり薬の方が簡単なんかな

88: 2019/06/11(火) 23:34:25.89 ID:EZ0wNQYTa

>>79
簡単云々よりそもそも治らへんし

91: 2019/06/11(火) 23:34:53.97 ID:db5MWmDw0

こういうトチ狂った科学者ネタって面白いよな

103: 2019/06/11(火) 23:35:43.51 ID:jA9CoUed0

>>91
木曜夜10時からEテレ見るんやで

124: 2019/06/11(火) 23:37:52.79 ID:WJuIhdsT0

右脳と左脳つなぐ管ちょん切ったろ!w

意図してないのに右手が動き出す模様

132: 2019/06/11(火) 23:38:49.90 ID:EZ0wNQYTa

>>124
右目と左目の情報をうまく処理できなくなるんやっけ

174: 2019/06/11(火) 23:43:00.16 ID:EZ0wNQYTa

電気流して性格が穏やかになったとして、それって結局は脳の破壊ちゃうんか
元々の性格が壊れるというか

274: 2019/06/11(火) 23:50:44.12 ID:zW591xcgd

ロボトミーを受けた患者は、しばしば食べ方やバスルームの使い方から再教育しなければならなかった。
再発は普通にみられたうえ、手術を受けた患者の一部は決して回復することはなかった。そして、およそ15%は手術によって死亡した。
フリーマンは、手術の際、手袋もマスクも着けなかった。彼は4歳の子供を含む19人の未成年者にロボトミー手術を行った。
57歳で、フリーマンはジョージ・ワシントン大学の職を辞し、カリフォルニア州で引退生活を送り始めた。

319: 2019/06/11(火) 23:55:09.33 ID:5Zefi4CQ0

「なんか解らんけどソースの一部消したらいい感じにプログラムが動くようになった」
こういうのと似てる気がする


===

ロボトミー手術
1935年、ジョン・フルトン(John Fulton)とカーライル・ヤコブセン(Carlyle Jacobsen)が、チンパンジーにおいて前頭葉切断を行ったところ、性格が穏やかになったと、ロンドンで行われた国際神経学会で発表したのを受け、同年、ポルトガルの神経科医エガス・モニスが、リスボンのサンタマルタ病院で外科医のペドロ・アルメイダ・リマ(Pedro Almeida Lima)と組んで、初めてヒトにおいて前頭葉切截術(前頭葉を大脳のその他の部分から切り離す手術)を行った。

その後1936年9月14日、ワシントンD.C.のジョージ・ワシントン大学でも、ウォルター・フリーマン (Walter Jackson Freeman II) 博士の手によって、アメリカ合衆国で初めてのロボトミー手術が、激越性うつ病患者(63歳の女性)に行われた。

当時に於いて、治療が不可能と思われた精神疾病が、外科手術である程度は抑制できるという結果は、注目に値するものであって、世界各地で追試され、成功例も含まれたものの、特にうつ病の患者の6%は手術から生還することはなかった。また生還したとしても、しばしばてんかん発作・人格変化・無気力・抑制の欠如・衝動性など、重大かつ不可逆的な障害が起こっていた。

しかし、フリーマンとジェームズ・ワッツ (James W. Watts) により術式が「発展」されたこともあり、難治性の精神疾患患者に対して、熱心に施術された。1949年にはモニスにノーベル生理学・医学賞が与えられた。しかし、その後、抗精神病薬の発明とクロルプロマジンが発見されたことと、ロボトミーの予測不可能な副作用の大きさと人権蹂躙批判が相まって規模は縮小し、精神医学ではエビデンスが無い禁忌と看做され、廃止に追い込まれる。
 

Wiki

2018.6の記事

巨人小林誠司さん、盗塁数12球団トップの西武を3連戦で盗塁0に抑える

ケイスケホンダさん、スイス戦のデータ分析で攻守ともにとんでもない数値を出す

楽天・栗原打撃コーチ「うちの打撃陣は技術以前の問題。」

【朗報】巨人二軍の若手打線ωωωωωωωω

中日の元エース・大野雄大さん、もうダメかも

ヤクルト ジョーダン・アルメンゴさん退団へ

鉄腕ダッシュ、インド編が始まる

野間峻祥UZR-4.1 1200 -15.1

本田圭佑、宣言「これからエゴを出して行く」

早川あおい「パワプロ君ってさ上達しないよね?」

ドラクエシリーズのクズで打線組んだ

De梶谷(29)トレードってあり? なし



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote