no title



http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1561592194/


 当時、26歳だったピスコッティには難病の「筋萎縮性側索硬化症」(ALS)を発症した母親グレッチェンさんがいた。ピスコッティはグレッチェンさんの近くでプレーするため、療養先だったカリフォルニアに移籍。

このトレードを実現させた両チームのフロントにも称賛の声が上がっていた。グレッチェンさんは闘病生活の末に昨年5月にこの世を去ったが、経緯を知るセントルイスのファンはこの日、ピスコッティを拍手で迎えた。

2: 2019/06/27(木) 08:37:04.36 ID:LaMRT162d

ファンは感動「モリーナは本物の紳士」「カージナルスファンは球界最高」

 試合後、地元テレビ局「FOXスポーツ・ミッドウエスト」は公式ツイッターで、ピスコッティが地元メディアに
「多くの感情がこみ上げてきました。家族もいましたし、母も僕と一緒にいてくれたと思います。このフィールドに戻り、あのように歓迎されることはとても特別でした」と話す映像を公開。 
3: 2019/06/27(木) 08:37:25.79 ID:LaMRT162d

5: 2019/06/27(木) 08:39:39.10 ID:WzUGb9p80

やっぱりモリーナって神だわ

6: 2019/06/27(木) 08:41:38.41 ID:nFhZ5O1m0

こいついつも粋ってるな



 


 この日は、ピスコッティにとって4試合ぶりの戦線復帰。2回の第1打席、名物“グリーン・モンスター”を越える左翼へソロ本塁打を放ち、ダイヤモンドを一周してホームインする際には胸を数回叩くしぐさを見せた。
 
 『MLB.com』によると、胸に手を当てるしぐさはピスコッティの母親が良くしていたという。ピスコッティは「三塁を回ったとき、母のことが頭に浮かんだんだ。母がしていたように胸に手を当てたんだ」と振り返っている。


2018.6の記事

中日の投手から1人トレードか

日本代表GK川島、フランス人にまでネタにされる

ベッキー、片岡コーチと真剣交際!

【悲報】ポーランド代表で内紛発生【サッカーW杯】

【悲報】巨人さん、広島との首位攻防戦で負けにいく

本田のゴールがごっつぁんと言われてるの見ると悔しい

松坂大輔 3勝3敗 防御率2.41←オールスター選出

【悲報】福浦和也さん、6月3日の広島戦を最後にヒット無し

【悲報】「困惑してます」大迫半端ないって!を商標登録してる男性の声

【悲報】サンチェス退場後の山田哲人・・・

【悲報】メキシコさん、2連勝なのになぜか敗退危機

訃報←けいほうって読んでる奴おりゅ?www


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote