no title



引用元: ・栗山前監督「今年が大谷翔平『元年』。今年の数字がすごいとは思っていない」

1: 2021/12/01(水) 18:18:19.62 ID:/eeCHFbBa

--今後も活躍が期待できる

「今年が大谷翔平『元年』。いろいろなけがはあったがリハビリも終了し、初めて全力でできた。本人も言っていたが、今年が最低ライン。だから、僕は褒めていないし、今年の数字がすごいとは思っていない。最後の2カ月間、マークされた中で打つのは難しかったが、打てる球も来ていた。その球をどうやって仕留めるかを考えれば、まだ成績は上がるはず。もっともっとすごい選手だと僕は信じている」
https://news.yahoo.co.jp/articles/58b668d875f1f3bd1ef2a362218c475ee6ee7b00

2: 2021/12/01(水) 18:18:51.74 ID:m7hqerBb0

めちゃくちゃニヤけながら言ってそう

3: 2021/12/01(水) 18:19:01.30 ID:ehFBiIFtM

そして翔平を愛している

8: 2021/12/01(水) 18:21:08.10 ID:/eeCHFbBa

>>3
大谷への愛情だけで侍ジャパンの監督引き受けたようなもんだろw

5: 2021/12/01(水) 18:19:57.02 ID:/eeCHFbBa

大谷が引退するまで褒めないんだろうなあ

6: 2021/12/01(水) 18:20:10.79 ID:0N8EdSm30

大谷ともう一度一緒にプレーするために代表監督を引き受けた男

7: 2021/12/01(水) 18:21:01.32 ID:5adacEaT0

まあ今年1年だけだったらつまらんわな

9: 2021/12/01(水) 18:21:21.24 ID:qDHt7dvLM

VR元年かよ

10: 2021/12/01(水) 18:22:33.25 ID:m7hqerBb0

--大谷のすごさは

「身体的な特徴よりも、野球への価値観の高さ。例えば、おいしいものを食べたり、酒を飲んで騒いだりという行為は彼にとっては楽しくない。野球ですごいホームランが打てる、すごい球が投げられる方が彼にとっては価値があった」

「朝、どれだけ疲れていても、遠征先でも、バックパックを背負って欠かさずジムに行っていた。あるクリスマスイブの夜、『監督、クリスマスプレゼントです。来年に向かって打撃フォームを変えています』と画像が送られてきたこともあった。一流になるためには何でもやる、誰よりも野球が好きという気持ちが彼をここまで引き上げたと思う」


実は両思い

11: 2021/12/01(水) 18:22:59.36 ID:ysBV6VKs0

元号翔平に変更やな

12: 2021/12/01(水) 18:23:23.03 ID:5rnpbrBOM

投手は上がり目有りそうやったけど
打者は打率2割5分~7分、ホームラン30本って
所やろ。ジャッジもアロンソも数字は落ちたし








 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック