2018-06-15 (26)



引用元: ・福浦和也(26).346 18本 67打点 OPS.973←これ

1: 2022/01/26(水) 15:09:21.49 ID:UMz19z3Nd

思ってた数倍すごくて草

2: 2022/01/26(水) 15:09:52.84 ID:UMz19z3Nd

ほぼOPS1やん

3: 2022/01/26(水) 15:10:09.86 ID:UMz19z3Nd

なんでネタ選手になってしまったのか

4: 2022/01/26(水) 15:10:36.37 ID:F7mRAbVKp

全盛期は安打製造機よそら

5: 2022/01/26(水) 15:10:44.04 ID:UMz19z3Nd

ロッテにありがちなアヘ単首位打者じゃなくてマジの有能首位打者やん

6: 2022/01/26(水) 15:11:01.12 ID:hwkfU8bqM

腰がね

7: 2022/01/26(水) 15:11:28.40 ID:frtiuKi90

2001年の成績かあ

8: 2022/01/26(水) 15:11:43.25 ID:UMz19z3Nd

12球団最後の生え抜きOPS1.000
広島 2021年 鈴木誠也 1.072
ヤク 2020年 村上宗隆 1.012
福岡 2020年 柳田悠岐 1.071
横浜 2016年 筒香嘉智 1.110
西武 2009年 中村剛也 1.010
中日 2006年 福留孝介1.091
巨人 2004年 阿部慎之助 1.016
ハム 2002年 小笠原道大 1.002
近鉄 2001年 中村紀洋 1.064
千葉 1986年 落合博満 1.232
阪神 1985年 岡田彰布 1.057
阪急 1979年 加藤秀司 1.116

落合まで遡らない可能性があったんやな

9: 2022/01/26(水) 15:11:44.01 ID:wBf1cKCt0

毎年それならなぁ

10: 2022/01/26(水) 15:12:06.61 ID:Nbq+oyCT0

キャリアハイは思ってたよりすごいし、
それ以外の年は思ってたほどすごくないのが福浦
2007年あたりからもう怪しい

11: 2022/01/26(水) 15:12:21.43 ID:AEqrqsSi0

サブローの奇跡の1年の成績のが好き

12: 2022/01/26(水) 15:12:26.03 ID:UMz19z3Nd

OPS.900超え一回 OPS.800超え数回
これだけ見たら内川やん

14: 2022/01/26(水) 15:13:52.64 ID:UMz19z3Nd

今年パでOPS.971超えてるの吉田だけやぞ

15: 2022/01/26(水) 15:14:11.86 ID:osIO7tIA0

これはロッテの竹野内豊

16: 2022/01/26(水) 15:14:32.95 ID:57OcFhh10

足速ければもっと上行けたのにな
あれだけスマートな体でクソ足遅いってすごいで

17: 2022/01/26(水) 15:14:40.28 ID:k+eqTfDKp

6年連続3割やっけ?
わりと3割ギリギリの年多いよな

18: 2022/01/26(水) 15:14:51.39 ID:7htd8AeF0

凄かったのこの年含めて4年ぐらいやったな

19: 2022/01/26(水) 15:15:20.76 ID:3XLn19Ny0

ラビットやし

20: 2022/01/26(水) 15:15:33.84 ID:UMz19z3Nd

こんなの今のロッテにいたらスーパースターやろ


===


2001年、腰痛で欠場することもあったが、一塁手のレギュラーに復帰。小笠原道大との最終戦にまでもつれる争いを制し、打率.346で首位打者を獲得し[26]、初の2桁本塁打となる18本塁打を放った。対左打率.387と左投手を得意とし、2ストライクに追い込まれた後の打率もリーグトップの.304の成績を残した[14]。この年は「振ればヒット」という不思議な感覚に包まれていたという[27]。なお、2012年に阿部慎之助が達成するまで、日本プロ野球史上唯一のシーズン盗塁0での首位打者であった[28]。オフの契約更改で、1億円プレーヤーとなる[29]。

2002年、ストライクゾーンが変更された影響でバッティングを崩したうえに[30]、厳しくなったマークでリーグ最多の17死球を喫するが、2年連続で打率3割を記録[31]。得点圏打率は.247と前年より1割近く落としたが[14]、2ストライク後の打率.272はリーグトップであった[32]。

2003年、初の全試合出場を達成し、いずれも自己最多となる172安打・21本塁打・76打点を記録。3年連続の打率3割、史上初の2年連続40二塁打[33]、シーズン2度の1試合5安打を達成し[34]、10月5日の対西武ライオンズ戦ではサヨナラ二塁打を放ち、史上2人目となるシーズン50二塁打を達成した[35]。なお、シーズン172安打は2010年に西岡剛に更新されるまで、球団3位の記録であった[36]。守備面では3年ぶりに外野を守る機会もあったが、一塁手部門で初のゴールデングラブ賞を獲得した[37]。

2004年、前年韓国で56本塁打を記録した一塁手の李承燁が入団したが、この年も打率.314(リーグ9位)・11本塁打の成績で一塁手のレギュラーを守った[38]。両リーグ最多の42二塁打、自身の記録を更新するNPB史上初の3年連続40二塁打[33][35]、8月20日の対福岡ダイエーホークス戦では通算1000本安打を達成。6月1日の同対戦では杉内俊哉から初の満塁本塁打を放った[39]。また、2度目となるオールスターゲームと、シーズンオフに開催された日米野球にも出場した。

Wiki




 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック