GG5_cb-a0AAWRFK



 




1 
青が多すぎる!
ヤンキースとドジャースのワールドシリーズが、今後数年の間に一度は実現するような気がする。ヤンキースファンは2017年にそのような対戦を奪われた。

2 ソトがヨルダンより上?笑う

3 なぜ大谷が4位?

4 ↑ 怪我しているし、投げられないから

5 ↑ DHだからかな

6 山本はどうだった?

7  ↑ 61位だった

8 ↑ このリストを作る前に、彼はMLBで1、2試合プレーすべきだろう? 


私のトップ10はこんな感じだ
1.大谷翔平
2.ロナルド・アクーニャ
3.ムーキー・ベッツ
4.アーロン・ジャッジ
5.マイク・トラウト
6.フレディ・フリーマン
7.フアン・ソト
8.コーリー・シーガー
9.ホセ・ラミレス
10.フリオ・ロドリゲス

10 ↑ 私は好きだが、シーガーとフリーマンをトラウトより上に置く。トラウトが125試合以上のシーズンを送るまでは、私は期待できない

11 ↑ いや、トラウトがここ1年調子を落としているのは知っているが、それでもトラウトは球界トップ5の選手だ。それに、シーガーをトップ5に入れるのは高すぎる。 

12 ゲリット・コールが球界最高の投手?うーん、違う

13 ↑ サイ・ヤングを獲ったばかりなのだから、誰よりも上位にランクされるに決まっている。 

14 ↑ ああ、それでも球界最高の先発ではない。 

15 アクーニャはキャリア最高の年だったが、それでもベッツより少し悪い数字に終わった。  ルール変更によるもので、それほど重要でない盗塁を取り除いたとしても、彼が1位になれるかどうか。 

16 ↑ 笑)ベッツが優れていた唯一のスタッツはWARとRBIで、それらは0.1と1のようなものだった。 

17 ↑ 私は "少し悪い数字 "と言った。  わずか0.1だが、これはアクーニャの最高の年であり、盗塁も含まれている。

18 翔平が1番でないのはまあ理解できるが、4番?アナリストの誰も同意しないだろうね。 

19 大谷が1位でないリストは即座に無効となる。 

20 どういう基準なのかは知らないが、もし大谷が2位以下だったら、それは愚かな基準だ。 

21 今、地球上に大谷翔平以上の野球選手はいない。これは常識だ。

22 ムーキー・ベッツはアーロン・ジャッジより優れていない 

23 2023年のスタッツ 4位大谷:盗塁20 打率.304 3位ジャッジ:盗塁3 打率.267 えっ?




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック