「ちょっと私にも答えさせてください! 答える権利はあるわけですから」

 鳩山由紀夫首相が26日の衆院予算委員会で、衆院選マニフェスト(政権公約)違反と指摘されたことへの答弁をさえぎろうとした自民党の町村信孝元官房長官に対し、語気を荒らげる一幕があった。

 町村氏は首相の偽装献金事件にも触れ、「検察に出した上申書を示していない」と批判した後、別の話題に転じた。

 首相は答弁で「その前に…」と、偽装献金事件への弁明を試みた。ところが町村氏が「もういいです」と遮ったため、首相は頭に血がのぼったようだ。

 また首相は、25日に法案審議が始まったばかりの高校無償化について「(4月から)スタートできる」と断定調に述べ、国会軽視につながる脱線もあった。

【関連記事】
鳩山首相、子供連れ去り解決のハーグ条約「早く道筋を…」
「政治とカネ」自民の追い風にならず 「一人相撲」の審議拒否
無節操?公明のラブコールに民主ニタニタ 社民は“キーッ”
鳩山首相、自殺問題に「政府として正面から取りかかる」
国家戦略相がルーズって…遅刻の常習犯、仙谷氏は大丈夫?

【チャイム】山手線ラッシュ時の座席収納が終了(産経新聞)
鳩山首相、ハーグ条約「早く道筋を…」(産経新聞)
華やかに春を待つ お水取り彩る「花ごしらえ」(産経新聞)
子ども手当、所得税増税で=財源確保へ最高税率見直し-菅財務相(時事通信)
富士山の日 山梨で講談の夕べ 神田紫さん初口演(毎日新聞)