4日午後4時55分頃、宮城県柴田町のスーパー「Aコープ槻木店」の駐車場に止めていた同町、男性会社員(37)の乗用車から出火。

 車を全焼し、中にいた長女(3)と次女(1)が煙を吸って病院に運ばれたが、すぐに回復した。男性の妻(29)も2人を車から救出する際に右手首にやけどを負った。

 大河原署の発表によると、父母は出火する約10分前から店内で買い物をしており、煙に気付いた妻が助けに戻ったという。男性が「車内にライターを忘れていた」と話していることなどから、同署は火遊びが原因の可能性もあるとみて調べている。

自民・若林氏に懲罰動議=青木氏の代理投票-民主(時事通信)
アムネスティ 中国大使館前で死刑執行停止求めアピール(毎日新聞)
<失職>6月までに7192人「非正規」に 厚労省調査(毎日新聞)
<掘り出しニュース>野球で地域振興を--徳島・阿南市が「推進課」新設(毎日新聞)
日米外相会談 普天間問題でクリントン長官「日本政府と協議」(産経新聞)