民主党の渡部恒三元衆院副議長は7日午後、日本外国特派員協会で講演し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「解決できないことになれば、その責任は(鳩山)政権の交代ということになる」と述べ、鳩山由紀夫首相が表明している5月末までの決着が実現しなかった場合、内閣総辞職は避けられないとの見方を示した。 

【関連ニュース】
「社民は政権担う自覚を」=岡田外相
拡大抑止提供で同盟国と協議=日米、相互信頼に課題
日米首脳会談、正式設定されず=来週の核安保サミット
普天間で結束確認=社民
参加目標は10万人規模=25日の普天間県内移設反対集会

<みんなの党>参院選比例に前杉並区議を擁立(毎日新聞)
通所介護など好調で営業利益2.7倍―メデカジャパン(医療介護CBニュース)
<火災>親子3人が重体…事務所兼住宅焼く 川崎(毎日新聞)
<訃報>藤井黎さん79歳=元仙台市長(毎日新聞)
財務副大臣「あれもこれもは…」公約の修正示唆(読売新聞)