北海道新篠津村のしのつ湖が、ワカサギ釣りを楽しむ家族連れらでにぎわっている。例年は12月末の解禁だが今年は氷が薄く年明けにずれこんだ。

 20~30センチの氷が張る真っ白な雪原に様変わりした湖には、ワカサギ釣り専用のビニールハウスやテントが並び、その中で釣り客たちが談笑しながら釣り糸を垂らしている。家族5人で初めてワカサギ釣りに挑戦したという石狩市の中学1年、伊藤創成さん(13)は「簡単だと思ったけど難しい」と話した。

 期間は3月上旬まで。営業時間は午前7時~午後4時。入場料は高校生以上500円、中学生以下無料。テントや釣りざおの貸し出しもある。問い合わせは同村役場(0126・57・2111)。【小出洋平】

【関連ニュース】
ワカサギ釣り:有料開放始まる 北海道・蓴菜沼
ワカサギ穴釣り:小海・松原湖で解禁 /長野
ワカサギ釣り:余呉湖でアタリ上々 /滋賀
おさかな市:“池の幸”格安 人気はワカサギ--鳥取・湖山池 /鳥取
七飯町:ワカサギ釣り始まる

生徒13人が食中毒 高校の食堂を営業停止 さいたま(産経新聞)
<大雪>14日にかけ日本海側中心に(毎日新聞)
沖縄に内閣分室の設置検討=普天間で地元との連絡緊密に-政府(時事通信)
最古の両生類の足跡か=4億年近く前の化石発見-海岸上陸説が浮上・ポーランド(時事通信)
<政府・民主党>通常国会に61法案提出へ 野党は対決姿勢(毎日新聞)