18日午前8時45分ごろ、大分県別府市の大分自動車道下り線・別府インターチェンジ(IC)付近で、貨物トレーラーが走行中に荷崩れを起こし、積んでいた箱(幅、奥行き、高さ各1.5メートル)14個が片側2車線の路上に落下、中の生サバが一面に散乱した。トレーラーはその後、前方を走っていたトラックに追突したが、けが人などはいなかった。

 県警高速隊などによると、荷崩れの原因は、トレーラーの運転手が前方の道路わきで工事をしていたのに気付き、急ハンドルを切ったためらしい。

 大分道の湯布院-別府間などが一時通行止めとなり、業者らがサバを回収した。【梅山崇】

【関連ニュース】
唐津道路:一般道と勘違いし「赤切符」 佐賀県警
日豊線:貨物列車が脱線、佐伯-延岡で運転見合わせ…宮崎
寒気:九州・山口全域で雪 交通に乱れ
濃霧:九州・山口で観測 交通機関に乱れ
トロッコ列車:北九州市の門司港レトロ地区で試運転

小沢氏が4億円不記載了承…石川議員が供述(読売新聞)
<名護市長選>新人、現職の争いに 普天間争点、与野党対決(毎日新聞)
志位・共産委員長「小沢氏は説明責任果たせ」(産経新聞)
旧知の議員に「死にたい」 石川容疑者、不安漏らす(産経新聞)
<ヤミ専従問題>更迭された前秘書課長が復帰…農水省人事(毎日新聞)