「南極でシャボン玉を膨らますとどうなりますか」-。第51次南極観測隊に同行している奈良県立奈良高校(奈良市)の森田好博教諭(49)による理科の授業が26日午後、南極の昭和基地と同校を衛星回線で結んで行われた。
 授業には1、2年生約100人が参加。森田教諭は約90分間にわたり、スクリーンを通じ、南極の生物、海氷の仕組み、オーロラのメカニズム、オゾンホールなどについて映像を交えて説明。膨らんだシャボン玉が空中で凍り、触ると割れるおもしろ実験なども行った。
 授業後、2年の山本健太さん(16)は「森田先生の体験を教えてくれたので、自分もそこにいるように感じられた。将来は何らかの形で南極にかかわりたい」。同教諭が副担任を務める1年の大熊コスモさん(16)は「実際の映像を見て、寒いということしか知らなかった南極がよく分かった。いつか行ってみたい」と話していた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕The Northern Lights オーロラの世界
しらせが昭和基地接岸=予定より6日遅れ
南極観測隊、隕石4個発見=昭和基地から600キロ地点
ペンギンの群れが歓迎=しらせ、昭和基地沖に到着
南極・昭和基地で火災=廃棄物焼く、けが人なし

土地所有は陸山会との「確認書」、作成日を偽装(読売新聞)
新たに無職男を逮捕=女性遺体遺棄事件-兵庫県警(時事通信)
自民 胆沢ダム視察へ(産経新聞)
<延岡市長選>首藤正治氏が再選(毎日新聞)
小沢氏の共謀が焦点、土地疑惑の解明詰め(読売新聞)