21日朝、奈良市春日野町の世界遺産・春日大社境内で、杉の木が倒れ、そばにある表参道脇の石灯籠(とうろう)(高さ約2メートル)の一部が壊れているのが見つかった。20~21日に吹いた強風で木が倒れ、石灯籠に接触したとみられる。同大社によると、壊れた石灯ろうは1865(慶応元)年に造られたものだが、文化財指定は受けていない。

 同大社によると、現場は二の鳥居の西約100メートル。参道から約10メートル南の樹齢約60年の杉の木(高さ約10メートル、直径約40センチ)が根元から倒れ、石灯籠2基に接触。うち1基の笠(かさ)と最上部に取り付けられていた宝珠(ほうじゅ)が脱落していた。同大社は倒木を取り除き、石灯籠を修理する方針。

 奈良地方気象台によると、奈良市では20日夕に18.4メートル、21日未明も13.9メートルの最大瞬間風速が観測されていた。秋田真吾・同大社主事は「台風の時に似たような被害はあるが、この時期は珍しい。それだけ風が強かったのでは」と話した。【山崎一輝】

【関連ニュース】
避難勧告:豪雨、台風発生に58%間に合わず
衆院選:式根島で投票終了時間4時間繰り上げ 台風接近で
掘り出しニュース:弓矢で占う今年の天気 台風、集中豪雨に注意
列島直撃台風18号
台風9号 各地で大きな被害

仕分け可能性の高い公益法人、来週にも選定―枝野担当相(医療介護CBニュース)
公取委の審決取り消し=大成建設などへの課徴金命令-多摩地区談合・東京高裁(時事通信)
温暖化ガス25%減は可能=対策のたたき台公表-環境省(時事通信)
「失望している」 グーグル問題で米ホワイトハウス(産経新聞)
メラトニン遺伝子変異で雄が早熟=体内時計担うホルモン-実験用マウスで発見・理研(時事通信)