水門設備工事を巡る官製談合事件で、農林水産省は10日、農水省が発注した工事で談合した業者8社に対して、工事25件分の損害金6億3362万円を請求したと発表した。

 公正取引委員会が談合を認定したのは▽IHI▽栗本鉄工所▽川崎重工業▽西田鉄工▽佐藤鉄工▽丸島アクアシステム▽日東河川工業▽豊国工業--の8社。請求は5日付。

 農水省によると、談合があった工事は29件。このうち15件で、独占禁止法違反などがあった場合、契約額の10分の1を違約金として支払う特約条項があり、農水省は既に日東河川工業を除く7社に違約金約4億5000万円を支払わせている。

 このため、損害金は違約金特約条項のない工事14件と、損害額が違約金を上回った工事11件を対象にし、実際の落札率と公正に入札が行われた場合の想定落札率の差から算出した。8社が連帯して損害金を支払うことを求めている。【奥山智己】

【関連ニュース】
不正経理:農水省で427件 契約1億円 04~08年度
水門談合:国交省、23社に8億円損害賠償請求
ヤミ専従問題:更迭された前秘書課長が復帰…農水省人事
中山間地:振興へ新法…参入企業に金融支援 農水省検討
不正経理:農水省、1億円 私的流用確認できず--04~08年度

未来見つめ続ける像 桂浜(産経新聞)
<交通事故>雪道で正面衝突 母子死亡 栃木・大田原(毎日新聞)
マック「期間限定バーガー」大ヒットの秘密 「楽しい」「分かりやすい」が鍵(J-CASTニュース)
露大使館周辺で街宣活動 男らを現行犯逮捕(産経新聞)
石川議員ら保釈請求、認められる可能性(読売新聞)