島根県立大1年の平岡都(みやこ)さん(19)の遺体遺棄事件で、島根、広島両県警の合同捜査本部は、警察庁の公費懸賞金制度を活用し、事件解決につながる有力情報の提供者に最高300万円の懸賞金を出すことを決めた。

 同制度は、原則として発生から6か月が経過した殺人、強盗などの重要事件に適用されるが、両県警は犯人につながる有力な手がかりが見つかっていないため、制度の前倒し適用について警察庁と協議していた。同庁から対象事件に指定された後、平岡さんが行方不明となって4か月となる26日から1年間、情報を受け付ける。

 平岡さんは昨年10月26日夜、浜田市内のアルバイト先を出た後、行方不明となり、11月6日に広島県北広島町の山中で、遺体の一部が見つかった。

 公費懸賞金制度では昨年、千葉県市川市の英国人女性殺害事件(2007年3月)の容疑者逮捕に結びつき、情報提供者4人に初めて懸賞金が支払われた。

宿泊場所1万7000人分提供=年末年始の困窮者対策実績-政府(時事通信)
福岡市に初の「上智」中高誕生 有名大による生徒争奪が激化(J-CASTニュース)
【健康】しもやけにご用心 3月の春先まで油断禁物(産経新聞)
第四銀行員が900万円着服=借金返済に、懲戒免職-新潟(時事通信)
<入札妨害>神栖市部長ら4容疑者を逮捕…茨城県警(毎日新聞)