みんなの党の渡辺喜美代表は26日の記者会見で、民主党の小林千代美衆院議員=北海道5区=陣営の選挙違反事件で小林氏に連座制が適用され、再選挙となった場合、独自候補を擁立する方針を明らかにした。

 渡辺氏は「有罪判決が出て失格するのはほぼ確実な状況の中で、補選回避のために議席に固執するのは言語道断だ。補選が行われると小沢一郎幹事長の責任問題に火がつきかねないとの観点から議員辞職をさせない作戦なんだと思う」と民主党を批判した。

 みんなの党はまた、夏の参院選茨城選挙区に会社役員の大川成典氏(45)を擁立することを発表した。

【関連記事】
無節操?公明のラブコールに民主ニタニタ 社民は“キーッ”
公明党が鳩山政権ににじり寄り 首相も秋波 露骨な自民離れ
国家公務員法改正案決定、土壇場まで迷走 「偽装改革」の声も
公明と政策協議 みんなの党・渡辺代表
「人を見る目なかったと反省」 元秘書逮捕で山内議員がコメント

調査捕鯨、継続前提に縮小も=保存と捕獲の両立模索-日本(時事通信)
協議概要、国会に報告義務=「国・地方」法案の全容判明(時事通信)
入院が5週、休校が4週連続で減少―インフルエンザ(医療介護CBニュース)
<交通事故>ひき逃げされる?男性死亡 東京・東大和市(毎日新聞)
<新聞7社>販売ルール厳守で共同声明 福岡、山口(毎日新聞)