居酒屋チェーン「和民」を経営するワタミ(東京)の渡辺美樹会長が著書で居酒屋チェーン「魚民」を経営するモンテローザ(東京)を中傷したのは過去の訴訟で合意した和解条項に反するとして、モンテローザがワタミと渡辺会長に1億円の損害賠償を求めた訴訟は21日、東京高裁(青柳馨裁判長)で和解が成立した。当事者双方とも和解内容は非公開としている。

 両社は以前、看板使用をめぐって訴訟になり、和解した経緯がある。その後、渡辺会長が著書で「『和民』を作ったら『○民』が出てくる」などと記述。モンテローザ側が「誹謗(ひぼう)中傷しないとした和解条項に反する」として提訴し、東京地裁が昨年、渡辺会長に300万円の支払いを命じていた。

【関連記事】
著書で「○民」揶揄→「魚民」名誉棄損 ワタミ会長に賠償命令
韓国に「笑笑」模倣店? 運営会社が商標無効手続き
「笑笑」そっくり居酒屋の笑うに笑えない言い分
ワタミが串焼き・旬鮮の新業態「炭旬」オープン 年内に5店
駅前居酒屋のワタミがファミレス参入 11月東京に1号店

22日から急激に冷え込み…気象庁が農作物被害に注意呼びかけ(産経新聞)
支援法違憲訴訟 大阪も和解(産経新聞)
不明少年が守った兄のランドセル 8カ月ぶり、15キロ下流で発見(産経新聞)
<福岡警官拳銃所持>容疑者「中学時からモデルガンに興味」(毎日新聞)
光ファイバー受注カルテル認定 4社に課徴金160億命令へ 公取委(産経新聞)