関西空港海上保安航空基地は23日、救助出動し大阪湾上を飛行した基地所属のヘリコプターから金属製の部品が脱落していたと発表した。部品は発見されていないが、被害情報は報告されていないという。

 基地によると、部品は機体の一部を固定するL字型のピン(重さ約12グラム)。23日午前の定期点検で、なくなっていることが分かった。同機は22日午後4時過ぎから約50分間、基地と大阪湾上を往復。直前の点検ではピンは確認されていたため、飛行中に脱落したとみられる。

 関西国際空港のターミナルビルや船舶の上空は飛行していないといい、同基地は「大事故につながる可能性もあり、再発防止に努めたい」としている。

【関連記事】
F15の部品 日本海上に落下 重さ200キロ
海保機のアルミ部品が脱落 那覇
陸自ヘリから金属部品脱落 3.2グラムのピン
海自哨戒ヘリの部品落下 被害確認されず
航空祭で空自F15尾翼落下 福岡・築城基地

ダイズのゲノム解析に成功 理研が世界初 品種開発効率化へ道(産経新聞)
民主 可視化法案、今国会提出を検討 (産経新聞)
<都教育委>全都立高で日本史必修科目に 13年までに実施(毎日新聞)
たばこ製造販売「国民的議論待つ」=元喫煙者の請求棄却-横浜地裁(時事通信)
臓器移植 範囲は親子・配偶者 親族優先提供開始へ 厚労省指針(産経新聞)