大阪府池田市の鍼灸(しんきゅう)院で昨年12月、はり治療を受けた直後に女性が死亡していたことが9日、捜査関係者への取材で分かった。府警は既に業務上過失致死容疑でこの鍼灸院を家宅捜索、治療ミスが原因で女性が死亡した疑いもあるとみて捜査している。
 捜査関係者によると、女性は12月中旬に鍼灸院ではり治療を受けたが、直後に容体が急変。病院に救急搬送されたが翌朝死亡したという。
 府警は、治療行為に問題があった可能性もあるとみて、死因との因果関係について、関係者から事情を聴くなどして詰めの捜査を進めている。 

【関連ニュース】
救急搬送ルールが不可欠=受け入れ拒否問題で
ワクチン接種後に死亡、4例目=主治医は関連否定
生後9カ月の女児死亡=新型インフルに感染
ショッピングセンターで火災=客ら700人が避難
新型インフル、小2と高校生死亡=全国で計26人に

としみのブログ
京都修学旅行
バリバリ営業マンでがんばるぞ
やすゆきのブログ
田舎で働く税理士の日記