小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる問題で、東京地検特捜部が12日、同会の事務担当者だった石川知裕衆院議員(36)から、13日に2度目の事情聴取をする方針を決めたことが、関係者の話で分かった。石川議員側は聴取に応じる意向という。
 石川議員は先月末の聴取に、土地購入に充てた4億円について、「小沢氏から個人資金の貸し付けを受けた」と供述。特捜部はゼネコンの裏献金が購入代金の一部に充てられた疑いがあると判断しており、石川議員の供述内容の疑問点について追及するとみられる。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

「希望の灯り」分灯式=惨状知らぬ中学生も-阪神大震災から15年・神戸(時事通信)
<雑記帳>10歳トラが成人式、祝いのケーキは馬、鶏で (毎日新聞)
外国人参政権、通常国会に提出=平野官房長官(時事通信)
震災から15年 熱血60歳「心の壁越える」相互理解目指し外国語習得(産経新聞)
九州北部 14日も降雪(西日本新聞)