鳩山由紀夫首相は15日午後、来日中のダニエル・イノウエ米上院議員(歳出委員長)と首相官邸で会談した。首相は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「5月までに必ず結論を出す。両国に理解してもらえる解決策を出したい」と述べ、政府・与党内で検討を進めている日本側の事情を説明した。イノウエ氏は「政権が発足して間もない。いろいろな課題がある」と理解を示した。
 また、首相は「日米関係は、日本にとって最も大事な2国間関係だ。世界に貢献する同盟として深化させていきたい」と強調した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

沖縄に内閣分室の設置検討=普天間で地元との連絡緊密に-政府(時事通信)
<民主党>「社会的弱者」団体相次いで陳情 政権交代効果で(毎日新聞)
名護市長選 新人、現職の争いに 普天間争点、与野党対決(毎日新聞)
名護市長選、「政党隠し」に腐心の両陣営 それぞれにお家事情(産経新聞)
<温暖化対策>気象キャスター18人が呼び掛け(毎日新聞)