自殺の背景に鬱(うつ)病など精神疾患が増えていることを受けて、厚生労働省は21日、省内の関係部局などによる「自殺・うつ病等対策プロジェクトチーム(PT)」を設置し、初会合を開いた。会合で長妻昭厚労相は「日本は先進国の中でも若年層の自殺が多い。厚労省としても有効な対策を打ち出したい」とあいさつ。NPO法人「自殺対策支援センター ライフリンク」代表で内閣府参与の清水康之氏らも出席し、3月中に対策の中間的なとりまとめを目指すことを確認した。

 自殺対策をめぐっては内閣府が昨年11月、自殺者が最も増える3月に自殺防止キャンペーンを展開するなどの「自殺対策100日プラン」をまとめている。PTは内閣府と連携を取りながら、精神医療や職場のメンタルヘルス対策の充実など厚労省としての対策を検討する。

胆沢ダムの下請け中堅ゼネコン捜索…陸山会事件(読売新聞)
<志位委員長>「天の声より民の声聞け」と民主党批判(毎日新聞)
自民・青木氏が出馬表明「お年寄りにも勇気」(読売新聞)
ブルジュ・ハリファ 124階は浮遊感…雲に手届きそう(毎日新聞)
無免許でしみ取り=エステ店経営者ら逮捕-大阪府警(時事通信)