■臨海部活性化へ立案

 大阪市は14日、大阪府が購入を決めた市の第三セクタービル「大阪ワールドトレードセンタービルディング」(WTC、住之江区)のある臨海部の活性化に向けて、府と市の政策立案組織「夢洲・咲洲地区活性化共同チーム」を7月1日に設置すると発表した。「大阪都」構想を提唱する橋下徹知事との対立を深めている平松邦夫市長は「実動部隊が一緒に仕事をすることで府市協調の具体的な姿をみせたい」としている。

 共同チームは昨年12月、平松市長が設置方針を表明。WTCビル23階に設置し、市と府から各3人の専従職員を派遣するほか、市は9人の兼任職員を置く。企業誘致策の検討や国際見本市機能の強化、まちづくりのイメージづくりなどを担当するという。

【関連記事】
橋下知事、3年で新党結成 可能にした理由とは?
分裂3度目、自民府議3人離脱 「橋下新党」に含み
「伊丹廃港考える」決議が可決へ 大阪府議会
橋下知事、「東京には行きたくない」熊本知事との意見交換で
悩む大阪府議たち 選挙対策が先か、政治信条が先か
少子化を止めろ!

新潟で震度3(時事通信)
<国民新党>比例代表に後藤俊秀氏を擁立(毎日新聞)
衆院内閣委員長の解任決議案提出(産経新聞)
<民主党>企業・団体献金「党本部」禁止触れず(毎日新聞)
三社祭でスリ「体力衰え、雑踏転向」の70歳(読売新聞)