原口一博総務相は9日の政務三役会議で、2020年に国内の全世帯でブロードバンドサービスが利用できるようにするとした総務相提唱の情報通信政策「原口ビジョン」について、15年に前倒しして実現させる方針を明らかにした。
 このため、主要議題となる(1)光回線をはじめとするブロードバンド網の整備方法(2)全国一律の電話サービス(ユニバーサルサービス)の見直し(3)情報通信技術の活用を阻む規制の見直し-について総務省内の作業部会でそれぞれ議論し、5月半ばまでに基本的な方向性を打ち出す。
 NTT組織の見直し問題についても、ブロードバンド網整備の議論の中で取り上げる方針だ。 

【関連ニュース】
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
「早期勧奨退職は必要」=基本方針策定へ
17年で322億円の赤字解消=夕張市の財政再生計画に同意
退職金の上積み検討を=天下りの根絶で提案
年金一元化、8日に議論開始=首相と関係閣僚ら

「ゲームの決着をつけたい…」友人を失った大学生、加藤被告の死刑望む(産経新聞)
横転した車に夜行バス衝突、男性死亡(読売新聞)
【医薬最前線】第1部 ドラッグ・ラグの行方(3)混合診療「なぜ自己負担」(産経新聞)
<奈良県警>現金授受の警官 組関係者から200万円の借金(毎日新聞)
需要不足30兆円=09年10~12月期(時事通信)