昨年、58歳で亡くなったロック歌手、忌野清志郎さんのスケッチや愛用の品を集めた「個展 忌野清志郎の世界」が27日、大阪市北区のHEPHALL(ヘップホール)で始まった。

 小学生のころから絵を描きため、高校時代には美術室に出入りするなどしていた忌野さんが、生前「個展をやりたいなぁ」と言い出して企画されていた展覧会が、その死後に実現した。個展のタイトル文字も自筆のもの。会場には独特のカラフルな色彩で描かれた絵画作品から愛用の自転車「オレンジ号」まで100点以上が展示された。開場の午前11時にはさっそくファンが訪れ、忌野さん独特の世界観を楽しんでいた。

 また、近くのタワーレコード梅田NU茶屋町店では、個展と連動して「忌野清志郎 トリビュート展」も開催。約30坪のコーナーを作り、CDや書籍をそろえ、写真パネル展示も行っている。

【関連記事】
清志郎さん“復活”、「イマジン」歌った!
清志郎さんにFMラジオが恩返し 53局で特別番組
清志郎さんアルバム、オリコン初登場7位!
井上陽水、15年ぶり武道館公演で1万人魅了
泉谷、清志郎さんの魂が「目の前ウロウロ」

首相、参院選後に省庁再編検討(産経新聞)
<東京都議補選>島しょ部で自民勝利、小沢幹事長問題影響?(毎日新聞)
<普天間移設>額賀元防衛庁長官、駐日米大使と意見交換(毎日新聞)
「バービーボーイズ」メンバー名乗り、詐欺容疑(読売新聞)
【社会部オンデマンド】東京湾第2海堡の黒煙の正体は?(産経新聞)