京都府舞鶴市の美術工芸業「舞鶴巧芸」が高さ80センチ、三層構造の金色オブジェを「天使のうんこ」のタイトルで展示している。「御利益があるかも」とうわさになり、店をのぞいてなでていく人も。

 不景気な世の中を笑いで元気づけようと、社長の田中光さん(60)と友人の稲岡博さん(60)が、別の作家がつくったオブジェに金ぱく150枚をはった。触れると金粉がつく。

 タイトルののぼりも作り、地元スーパーへの無料貸し出しも計画中。田中さんは「まさしく『運の固まり』。触って笑って不景気を吹き飛ばして」。【珍田礼一郎】

昭和基地で越冬隊交代式(時事通信)
<漁船銃撃>漁船が立ち入り禁止区域入り…ロシア側が反論(毎日新聞)
漁船沈没、桟橋で別れの会=中国人乗組員の家族ら-長崎(時事通信)
偽札 東北4県で60枚に…ホログラム精巧、判別難しく(毎日新聞)
殺人時効、54.9%が「短い」=死刑容認は増加-内閣府調査(時事通信)