北朝鮮による拉致被害者への給付金支給を15年3月まで5年間延長する拉致被害者支援法改正案が国会で可決、成立したのを受け、新潟県柏崎市の拉致被害者、蓮池薫さん(52)、祐木子さん(53)夫妻は31日、4月以降の受給を辞退すると市を通じて表明した。

 蓮池さん夫妻は「私と家族は自立の道をかなり確立することができた」と辞退の理由を説明。改正支援法が成立したことについては「拉致被害者の自立を最後までサポートしようとする国の気持ちの表れと歓迎します」とした。【岡村昌彦】

【関連ニュース】
金賢姫元死刑囚:日本政府が5月招へいか 拉致家族会情報
朝まで生テレビ:田原氏発言「問題あり」BPO
拉致問題:被害者家族会が蓮池透さんの退会発表
蓮池薫さん:新潟大大学院博士課程に合格 4月から通学
北朝鮮:韓国亡命の黄元書記、4月に訪日へ

<密約>藤山・マッカーサー討論記録 政府「不公表」答弁書(毎日新聞)
<電源交付金>自治体の使途拡大へ 庁舎建設、人件費にも(毎日新聞)
<遭難>2人目の死亡確認 中央アルプス・宝剣岳(毎日新聞)
小学教科書検定 年越し派遣村、裁判員…最新の話題に言及(産経新聞)
コメ農家の申請、4月1日開始=赤字分を直接支払い-戸別所得補償(時事通信)