平城遷都1300年にあわせ、平城宮跡(奈良市)のそばにある海龍王寺は18日に営む「四海安穏法要」で、遣唐使船で渡海しながら遭難するなどした死者の冥福を、船が出国した福岡県の海水を前に初めて祈る。遣唐使の影の部分にも注目した法要で、寺は「功績のあった人だけでなく、名も知れず亡くなった人たちの志で遷都1300年を迎えられたことに感謝したい」としている。

 遣唐使は7世紀前半から9世紀にかけて約15回、派遣された。奈良時代は4隻編成が基本で、最大で官人や僧、技術者ら計500人以上が渡海。暴風雨などで遭難することも度々で、多くの命が失われた。

 寺によると、僧の玄●(=日へんに方)(げんぼう)は唐からの帰路に暴風雨に襲われ、「海龍王経」を唱えながら無事帰国。その後、聖武天皇と光明皇后が玄●(=日へんに方)を導師に遣唐使の安全を祈願したと伝わることにちなみ、寺は平成16年、世界平和や海の安全を願う法要を復活させた。

 今回は石川重元住職(44)の発案で、海上や異国で亡くなった人たちを初めて追悼。初期の遣唐使船が日本を離れる際に通った福岡県・博多湾の海水を取り寄せた。

 四海安穏法要は18日午後3時から本堂で営まれ、硫黄島(東京都)の戦没者の冥福も同時に祈る。

【関連記事】
奈良・西大寺 皇甫東朝の名記された墨書土器出土 外国人名記された初の遺物
お堂の中に塔がすっぽり?! 謎の海龍王寺と五重小塔
上海万博会場へ“現代の遣唐使” 高校生ら乗せ1300キロ航海
遣唐使船の復元作業始まる 奈良、遷都1300年祭前に
まるでウミウシ?上海万博の日本館が「気持ち悪い」と話題
外国人地方参政権問題に一石

大阪・住之江で路上強盗(産経新聞)
研究系の38法人を統合へ、政府が仕分け方針(読売新聞)
普天間政府案、米大使が協議入りに否定的(読売新聞)
不明3人か、遺体発見=愛知の資材置き場-放置車遺体と関連捜査・長野県警(時事通信)
<NPO>評価基準公表 寄付の判断材料などに活用へ(毎日新聞)