厚生労働省は23日、全国のグループホームの防火体制調査結果(暫定値)を発表した。3月に発生した札幌市のグループホーム火災を受け実施したもので、スプリンクラー設置が義務付けられている述べ床面積275平方メートル以上の施設のうち、設置済みは半数以下の約46%にとどまり、残りは未設置だった。
 長妻昭厚労相は同日の閣議後会見で、調査結果を受け、スプリンクラー設置への補助を275平方メートル未満の施設へ拡大することや、自動火災報知器なども補助対象として検討する意向を示した。
 調査対象は計9950事業所。スプリンクラー設置義務のない275平方メートル未満の施設では、設置済みが約13%で9割近くが未設置となっている。昨年4月施行の改正消防法施行令では、スプリンクラー設置義務対象が従来の1000平方メートル以上から275平方メートル以上に広がったが、2011年度末までは猶予期間となっている。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

気多神社の神社本庁離脱の規則変更認める 最高裁(産経新聞)
小さな体はミイラのようだった…ネグレクトの果てに(産経新聞)
<山崎直子宇宙飛行士>和服で手巻きすし 宇宙から日本文化(毎日新聞)
ストーカー、被害届前に逮捕も 警察庁が方針通達へ(産経新聞)
心神耗弱争わず 中大教授刺殺で検察側(産経新聞)